幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

七五三

「きょうは大安なので、孫娘(7歳)を連れて七五三のお参りに行ってきます。」と、ご近所のHさんが、今朝嬉しそうに話していました。わが家でも十数年前に、ふたりの孫娘の七五三を祝ったことを懐かしく思い出しました。

七五三は、子どもの成長を祝う行事です。男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の時に祝います。年々派手になってきたような気もしますが、世の中が豊かになってきた証でしょう。


歴史学者 和歌森太郎氏によれば、今のような七五三が行われるようになったのは、つい最近(大正時代)になってからだと言います。

行事の元になった伝承的風習は、古くから日本各地にありました。それを大都市の商業政策が、七五三という形で取り上げて宣伝し、全国的な行事として普及させました。特に関東地方でいちじるしく、西日本には無かった行事です。(西日本には、3~4歳になると 「紐落とし(帯解きと同じ)」と言われる、子どもの成長を祝う行事があったようです。)

いずれにしても、子どもに色々な趣向の晴れ着を着せて、華美を競って宮参りに出かけるようになったのは、業者に踊らされてのことだと言われます。

11月15日を七五三の日と決めたのは、霜月祭(家業に関係深い神々を送る祭り)の日に相当するからだそうです。 (別説では、徳川綱吉の子 徳松の「袴着の式」を祝った日とも言われる。)

昔は子どもの死亡率が高かったので、生まれた赤ちゃんが人間の子として認められたのは3~4歳です。その折りに、披露の意味で宮参りをする風習は、各地に残っています。(西日本で行われていたように) そして 「7歳までは神の子」と、大切にされました。7歳まで育てば、やっとひと安心ということです。
現在の少子化と、同じような環境だったとも言えます。

武家時代には、男の子も女の子も3歳になった時に 「髪置きの式」と言って、唐子まげを結う儀式がありました。男児は5歳になると 「袴着の式」があり碁盤の上に立たされました。女児は7歳になると 「帯解きの式」といって、着物の付け紐を取り、本式の帯を締め振袖を着ました。武家では、きちんとこの行事が守られていました。七五三は、それを真似たとも言われます。

関西地方には、「十三参り」と言って、子どもが13歳になると(男女共に)、4月13日にお寺へお参りして、知恵がつくように祈願する風習がありました。

鹿児島県のある地方では、7歳になると 「茅の輪くぐり」と言う行事があります。幼児から、少年・少女への成長を祝うものです。 (「茅の輪」とは、茅などで作った輪のことです。6月晦日の厄祓いにこれをくぐると、病気や災難を避けることが出来ると言われます。似たような行事は、各地で行われているようです。)

長野県には、11月15日になると 「帯結び」・「帯解き」・「紐解き」などという行事が、残っている地域があります。(7歳女児の 「帯解きの式」と同じ意味)

日本各地の色々な風俗・習慣が入り混ざって、今日の七五三に推移して行きました。
どちらにしても子どもを大事にする行事ですから、あまり派手にならないように気をつけながら、守って行きたいと思います。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1284-876f2b2b