幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

良い日・悪い日

朝7時前のNHKラジオで、「きょうはなんな日」という時間があります。
きょうと同じ日付の日、過去にどんな出来事があったかを紹介しています。
良い日も悪い日もありますが、どうしても悪い方が記憶に残ります。

きょうは昭和20年に、「枕崎台風」が大きな被害を与えた日だと言っていました。
折しも、台風16号が沖縄を直撃し、九州や四国に大量の雨を降らせて北上して
行きました。台風の厄日でしょうか?

私的にも1日が終わると、「きょうは良い日だった」とホッとしたり、「悪い日だった」と
悔やんだりするのが常です。歳を取ったせいか最近はホッとする日が多いのですが、
若い頃は悔やむ日が多かったように思います。

高島易断の暦に、「選日」というのがあります。 文字通り日を選ぶことですが、選ぶ
日が8つあります。「一粒万倍日」・「不成就日(ふじょうじゅび)」・「八専」・「三隣亡」
・「天一天上」・「天赦日(てんしゃび)」・「土用」・「十方暮」が、それです。

中でも「不成就日」は、障りがあって物事が成就せず、悪結果を招く凶日とされていま
す。逆に「天赦日」は、天の恩恵により何の障害も起きない日とされ大吉日です。

9月の暦を見ると 「不成就日」は4回もありますが、「天赦日」は、1回もありません。
(7月と10月には1回ずつある)  暦の上では、悪い日が多いような気がします。
悪い日と警告しておけば、みんなが気をつけるからでしょうか?

谷村新司の 「いい日旅立ち」は、良い日に旅立ったのかと思っていましたが、歌詞を
よく見るとそうでも無いようです。むしろ、「いい日」を求めて旅立った歌のようです。
「ああ日本のどこかに私を待ってる人がいる」と言い、「いい日旅立ち夕焼けをさがしに 
母の背中で聞いた歌を道連れに」と、歌っているのですから・・・・

良くも悪くも、 「昨日は昨日 今日は今日」で参りましょう!

 (付)調べてみました。気象界では、9月26日が大型台風の厄日だそうです。
   *洞爺丸台風 (昭和29年・死者行方不明者1698人)
   *狩野川台風 (昭和33年・   同上  1157人)
   *伊勢湾台風 (昭和34年・   同上  5101人)


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1269-c3e0b422