幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

成長の連続性

A君は小学校1年生で、この4月に入学したばかりです。ところが最近「学校はつまらない」と言って、朝になると登校を渋るようになりました。

担任の先生に話したところ、「学校では授業も友人関係も、問題無い。」とのことです。
「五月病だろうか? 勉強についていけないのだろうか? いじめに遭っているのだろうか?」 お母さんは、心配になって相談に見えました。

勉強に対する気持ちの準備を、レディネス (Readiness) と言います。
(本来は、もっと広義な学習準備のことです。)
A君が小学校へ入学するためのレディネスは、どうだったのでしょうか? レディネスが出来上がらないまま入学して、慣れない小学校生活を強制されていたのではないでしょうか?

A君の入学に当たって、お母さんはどんな助言をしていたのか? 思い出してもらいました。
「先生の話をよく聞く」・「予習、復習をする」・「忘れ物をしない」・「自分のことは一人でやる」・「友だちと仲よくする」・「交通事故に気をつける」・・・・ こんなことを、注意したように記憶しているとのことでした。

幼稚園時代には、「先生の話を聞く」・「予習、復習する」・「忘れ物をしない」などは、注意したことが無いとのことでした。いずれにしてもレディネスは、注意したくらいで
身につくものではありませんが・・・・


子どもは、絶えず成長(発達)しつづけています。成長にはいくつかの原理的なものがあって、その一つが「連続性」です。ところがA君にしてみれば幼稚園時代と比べて、小学校生活には大きな飛躍や段差があったのではないでしょうか? それでは、学校がつまらないのも頷けます。

連続性が無いと、子どもは疲れます。疲れると学習能率も落ちるし、ストレスも溜まります。このような事例は、小学校生活に適応出来ない子によく見受けられます。

疲れを回復する手立ては、休息が一番です。登校を渋る時は、学校を休ませてもよいのです。そして、どこに飛躍や段差があったのか? 親の言動も反省しながら、それとなく調べてみましょう!

でも子どもを元気にしようと思って、欠点や短所を注意しながら励ますのはやめます。 かえって、不安を煽ることになります。

登校を渋る子への助言には、いくつかのキーワードがあります。次のようなことを参考に、今からでも小学校生活へのレディネスを身につけさせましょう!

1、現状を容認して、過大な要求や期待をしない。
2、あら捜しをしたり、叱責したりしない。
3、家庭での学習環境を整える。(落ち着いて予習や復習が出来る場)
4、成功感を得る機会を与える。(学習や遊びで)
5、自己評価出来る課題を与える。(客観的に認識する力を持つ)
6、特性を生かす・認める。
7、社会性を育てる。(集団での遊びを勧める)
8、愛情を十分に満たしてやる。(親や先生から愛されているという自覚)


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1238-d7790d15