幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

幼児教育の神様

書棚を整理しながら、埃の溜まった教育書に目を通しました。

幼稚園関係者にとってフレーベルは、神様のような存在です。
じっさい彼の教育思想は、神がかり的なものがあります。 (ドイツの教育学者, と
言うより教育者と言った方が相応しい,  フリードリッヒ・ヴィルヘルム・アウグスト・
フレーベル, 1782~1852年) 

フレーベルは、人間も自然も神が造ったもので、神によって支配されていると言い
ます。そして、そのことを人々に意識させるために、教育が必要だと言います。 
具体的には、創造的行為によって神の本性を認識させることだと説いています。
神の本性は、万物に宿っています。

彼は、ペスタロッチに師事しました。1837年36歳の時に、幼稚園を設立します。
現在の幼稚園の手本になりました。 この幼稚園名を直訳すると、 「自己教育と
自己教授に導く直観教授の学園」です。いま流に言えば、「自ら確かめ学ぶ学園」
と言うことでしょうか?

遊びを通して学ぶということは、現在も殆どの幼稚園が保育の基本としています。
フレーベルが、いちばん大切にしていたからです。


遊びは 「子どもが自己の内面を自由に表現する活動」・「子どもの最も純粋な精神
的生産活動」・「全ての善なるものの源泉」 と、フレーベルは言います。 
遊びには、全人格が表れるているそうです。 
「遊び疲れて良く眠る子は、幼児期の最も美しい情景だ。」 とも言っています。

大人はすぐに遊びの教育的意義を云々するけれど、分析したり期待したりしてはいけ
ないと戒めています。幼児期の遊びは、人生を通して見れば植物の子葉の段階です。成長すると良く遊んだ子は、自分の幸せは勿論のこと、他人の幸せも考えられるようになります。

余談ですが、フレーベルは創造的活動を助けるために遊具を作っています。そう言えば、フレーベルの名を冠した幼稚園の教材をを扱っているお店がありました。
フレーベルの教育を世界中に広めたのは、マーレンホルツ・ビューローM.B (1810~1893年) という男爵夫人のお陰です。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1235-8df636a9