幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

バレンタインデー

バレンタインデーのチョコには縁の無い歳になったはずですが、毎年教え子の
Y.Tからチョコレートが贈られてきます。
(実は行事にかこつけて、私の健康や生活を気遣ってくれているのです。)
そうすると不思議なもので、今年も届くのではないかと期待します。

11時頃玄関のチャイムが鳴って「郵便局です」と、声がかかりました。
今年も忘れずに送ってくれました。 感謝!

もともとは、「聖バレンタインデー」としてカトリック教徒の祭日です。それにあやかって
教え子の心遣いを享受しています。
Y.Tは、私のブログの強力な後援者でもあります。
彼女の後押しがあって、このブログも続いています。

実はバレンタインデーには、もうひとつ可愛い定期便が届きます。
S幼稚園M先生の息子さんT君と、姪のSちゃんからの贈り物です。
手作りのクッキーやチョコが届きます。
ところが今年はM先生とSちゃんが、インフルエンザに罹りました。
治ってから、というメールがありました。
 
二人が早く回復するように念じながら・・・・



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1213-0e11f806