幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

漢字指導のこつ

漢字を覚えてもらうため、書家のS先生から指導のこつをお聞きしました。
その一部を紹介します。(小学校・中高学年向き)
 
① 何かに意味付けて教える
 
 食・・・人に最も大切で良いものを表している。

 聴・・・人間には十四もの様々な心があるので、聞き逃さないように
   注意深く聞くのが「聴」。

 困・・・口の中に木が生えたら困ると覚える。

 叶・・・口のところに十本の指を揃えて(合掌して)、願い事をする
   と叶う。

 念・・・今のままの心で願うのが、念じるの意。 

 太平洋と大西洋・・・太平洋にはハワイ島があるので大に点、大西洋は無し。
  
 (付録) 嬲・・・女性を囲んで意地悪するのが嬲る。


② 漢字を作る遊び
  
 「日」に一画加えると?
   旧・旦・白・田・目・由・甲・申・・・・

 「大」に一画加えると?
   犬・太・夫・天・夭・・・・ 

   
③ よく使われる漢字がつく言葉
  
 「馬」 馬力・馬上・馬子・馬主・馬手・馬肉・馬足・馬車・
     馬歩・馬前・馬具・馬首・馬舎・馬面・馬鹿・馬脚・・・・
     (大辞典には馬が先の熟語が163以上も載っている)

 「足」 両足・片足・右足・左足・後足・足首・足跡・足音・
     足形・足軽・足駄・足代・足場・足早・足元・足湯・・・・


④ 間違い易い漢字を探す
 
  歳~裁  獲~穫  右~左  緒~諸  除~徐  健~建   
  挟~狭  険~検  群~郡  牛~午  若~苦  貿~賀
  弦~絃~舷  伯~拍~泊  間~閑~関~開  など。


⑤ 漢字は象形文字が主なので、低学年児には絵文字を活用するとよい。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1204-8cdbaa24