幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

霜降

ツワブキ
ツワブキ (2011,10.24)

例年なら11月に咲くわが家のツワブキも、今年は少し早いようです。 そういえば、
クチナシの花が2度咲きしています。お陰でキンモクセイも終わって寂しい花期で
すが、庭には芳香が漂っています。キクの花も、いっぱい蕾をつけ始めました。

今年は、急に寒くなったり暑くなったりして、寒暖の変化が激しい時が目立ちました。生物の生育環境にも、影響を及ぼしたのではないでしょうか?


きょうは、暦の上では「霜降」です。 昨日の東京は、25度以上の夏日でしたから、
実感はありませんが・・・  テレビでは、松の幹に菰巻している風景が放映されて
いました。この季節の風物詩です。

「夜晴れていると、地面から大空に向かって逃げて行く熱(放射熱)をさえぎる雲が
ないので、地表面は特によく冷える (放射冷却)。 その時に風が弱いと、冷たい
地面に接している空気も冷却し、空気中の水蒸気が露や霜になるのである。」 と、
お天気博士の倉嶋厚さんが書いています。(お天気博士の四季暦・文化出版局)
 
 
 をしめども 鐘の音さへ かはるかな
     霜にや露の  結びかふらむ  
 (西行法師)



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1180-aa7eaa94