幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

上越の旅

9月28~30日と、上越方面へ出かけました。
ついでに、「上杉謙信公の春日山と親鸞聖人史跡めぐり」のバスツアーに参加して
きました。その折りのスナップ写真です。

林泉寺惣門
林泉寺の惣門 (上杉謙信が春日山城から移築、往時を伝える唯一の門)

上杉謙信墓
                          上杉謙信の墓 (林泉寺)
川中島 川中島戦死者供養塔 (林泉寺)

上杉謙信は1530年(享禄3年)生まれ、7歳の時に林泉寺に入り、名僧天室光育
和尚から薫陶を受けました。
19歳で兄晴景に替わって、越後の守護代になります。以後越後を統一して、さらに
信濃・関東・北陸への出兵が、生涯続きます。
武田信玄と5度も川中島で戦ったと言われますが、直接二人が出会ったかどうかは、
はっきりしていないようです。
1578年(天正6年)関東出兵を前に急死し、林泉寺に葬られました。


竹の内草庵
親鸞聖人最初の住まいと言われる竹之内草庵

上陸2
上陸1 聖人上陸の地 (居多ヶ浜)

親鸞聖人上陸の地居多ヶ浜は、浄土真宗信徒の聖地です。
親鸞聖人が越後に流されたのは、1207年(承元元年)で、35歳の時でした。
それから42歳までの7年間、この地で過ごし、豪族三善為則の娘(後の恵信尼)
と出会い結婚したと言われています。
親鸞の著書に 「海」という言葉が多いのは、日本海を見ながら暮らした日々が、
影響していると言われます。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1174-08787c5f