幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

4歳児と5歳児

私が勤務した幼稚園は、4・5歳児だけを預かり、3歳児は受け入れていませんでした。公立幼稚園でしたから、近くにある私立幼稚園から園児を奪わないように配慮したのです。

4・5歳児というと、いわゆる第一反抗期を卒業して、家事を手伝ったり小さい子の
世話をしたりすることが出来るようになります。 今までは大人を頼りにすることが
多かったのですが、自分で考え1人で行動出来るようになります。独立の第1歩を
踏み出す年齢でもあります。


以下は、私の経験から得た4・5歳児観です。

4・5歳児で共通しているのは、運動神経が発達して色々な運動が出来るようになることです。走るのも速くなり、高いところへ跳び上がったり跳び下りたりすることも出来るようになります。
ブランコ・鉄棒・ジャングルジム・縄跳び・スクーター・・・・ などの、遊具も使えるようになります。

4歳児と5歳児の違う点は、(個人差はありますが・・・・)集団行動の意義やルールの理解度です。
5歳児になると、集団での自分の立場や役割が分かります。友だちと一緒に行動したり、遊びを楽しんだり、チームワークづくりを心がけるようになります。

4歳児も5歳児も、よくケンカをします。ケンカは、友だちとの関わり方を学ぶとても良い体験です。社会性を培うために必要な場でもあります。
ただ4歳児の頃は、ケンカ別れで終わることがあります。5歳児になると「雨降って地固まる」式で、ケンカを自分たちの力で解決し、友だち関係を成長させるよいチャンスにします。

4歳児は、まだ自分中心の遊び方が主です。5歳児になると、みんなで遊びを楽しむ雰囲気づくりが出来ます。
友だち関係が、大きく飛躍するのがこの時期と言えます。

運動能力も、4歳から5歳にかけて大きな飛躍があります。
5歳児になると、リズムに合わせて歩いたり・走ったり・踊ったり出来ます。自我意識が強い時期ですが、チームワークを大事にして、自制出来るようになります。
5歳児は、自律への第1歩を踏み出す時期でもあるのです。

幼児期の身長・体重は、男児の成長の方がやや早いのが特徴です。
参考までに、4月当初の身長・体重の平均値を紹介します。
(いずれも私が勤めたS園の記録から・男女児の平均値)

        4歳児    5歳児
身長(cm) 101、3   107、5
体重(Kg)  15、9    17、6    (1996年度)


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1169-97d0521e