幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

芙蓉(ふよう)

サボテン
 木芙蓉 (実生から育てる)
 
芙蓉は、元々蓮(ハス)のことです。それで蓮と区別するために、木を付けて「木芙蓉」と表すこともあります。「大字典(講談社)」で調べると、も、を意味します。
草冠が蓮を表し、夫と容は音を表します。形声文字です。花の少ない8月末~9月にかけて大きめな花をつけるので、蓮にあやかって芙蓉と名付けたのでしょう?

蓮は極楽浄土を象徴する花と、仏教では言われます。芙蓉の峰と言えば、富士山の雅称です。この世での、極楽浄土を象徴する山だからです。

この夏は猛暑のため、わが家のフヨウは日焼けした葉が多く、花のつきも悪いようです。それでも9月になったら、咲き出しました。アオイ科の低木で、ハイビスカスやムクゲときょうだい花です。一日花ですから朝開いて夕方にはしぼみますが、その代わり次から次へと咲いて行きます。庭木として高級品ではありませんが、丈夫で猛暑にも負けない逞しさがあります。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1040-d5242d1a