幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

モンスターペアレント

テレビのバラエティー番組で、「モンスターペアレント」を面白おかしく取り上げてい
ました。 直訳すれば「怪物的な親」でしょうが、学校(以下教師と同義)へ不当な
文句や注文を突きつける親のことです。

現場の先生方に尋ねたら、確かにそういう傾向の親が増えているとのことでした。
具体例を聞いてみると、「うちの子は魚が嫌いだから、給食に出さないで欲しい。」
・「塾の先生を学校に呼んで、受験の指導をして欲しい。」・「〇〇の親とは 気が
合わないから、クラスを変えて欲しい。」・・・ など、色々な注文が来るようになった
と言います。

それもかなり激しい口調や高圧的な態度で、要求してくるとのことです。おまけに
PTAなどの集会時に発言するだけでなく、電話やメールで時間を問わずに言って
きます。そして対応が遅れると、すぐに教育委員会・マスコミ・警察などへ訴え出
るそうです。

モンスターペアレントも、競争社会における現代病の一種だと思います。わが子
可愛さが余って、わが子だけという利己的心情に変わってしまったのです。そう
考えれば、同情もできますが・・・・

ひと昔前までは(私が現職だった頃)、どうだったのでしょうか?  良い悪いは別と
して、学校と親の間には確かに溝がありました。「学校にもの言えば、子どもに跳ね
返ってくる。」・「学校に、子供を人質に取られている。」・・・ そんな雰囲気がありまし
た。でもそれだから、信頼関係が無かったとは言えません。 それなりに、両者の
バランスが保たれていました。

親が子どもの教育について、学校に注文をつけるのは、昔も今も変わりはありませ
ん。 ただ昔は、親の間で問題にしても、学校側に届くことはありません。 勉強や
成績については「先生は教育の専門家だから」・「学校とはそういうところ」と、納得
していました。でも今は、ストレートに学校へもの申す時代のようです。

もし学校に誤りがあれば、質すのは悪いことではありません。学校に聞く耳がある
かどうかは、別問題ですが・・・・
でも学校がそれを受け入れてくれない場合は、どうしたらよいでしょうか?

学校は、同じ規格や規則で何事も判断しがちです。個性的な子どもは、この規格や
規則からはずれるので、学校はなかなか相手にしてくれません。受け入れてもらえ
ないとなると、親も子も不安が募ります。そこが、モンスターペアレントを生む要因で
す。学校が受け入れてくれなければ、自力で解決する逞しい親子になって欲しいの
ですが・・・・

いずれにしても、学校側は規格や規則を押し付けるだけ、親側は学校に対する不安
や不満を蓄積するだけ、これでは問題は解決しません。
学校と親の溝を埋めるには、先ずそれぞれがお互いの立場や考え方を理解するの
が先決です。それには、学校が親の言い分をよく聞くことから始めます。
やはり解決のための主導権(責任)は、学校側にあると思います。

学校としては、溝を埋めるために次のような努力が求められます。
*教育方針を明らかにして、親に理解してもらう。
*学校と家庭との、連携を深める。
*子ども理解に努める。
*教師は共通理解の下、個に応じた指導を徹底する。
*親の願いや期待に、謙虚に耳を傾ける。
*期待や要求をどう実現するか、具体案を示す。
*子どもや親に信頼される、教師像を確立する。

一方親も学校を支えるために、次のような努力が必要です。
*学校の教育方針を理解し、それをバックアップする態勢をつくる。
*わが子だけ、というような利己的な考え方を戒める。
*学校側の努力を認め、それに感謝する気持ちを持つ。
*信頼関係を前提に、何でも学校に相談する。

そして両者は「教育は子どものためにある」という理解の下に、子どもの成長・発達
について積極的に話し合う場を持つようにします。それが、信頼関係を築く近道です。
信頼される学校に、モンスターペアレントは発生しません。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1016-6e6369ae