幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

公園で遊ぶ

W杯開幕
サッカー南アフリカ大会が、きょう開幕します。日本は14日にカメルーン
・19日にオランダ・24日にデンマークと対戦します。
善戦を期待しています。
それにしても岡田監督は、このW杯をどんな気持ちで迎えようとしている
のでしょうか?  勝てば官軍負ければ賊軍、リーダーの宿命と言えば
それまでですが・・・・



公園で遊ぶ
保育園児が、裏の公園に遊びに来ました。3~5歳児くらいの園児が30人ほどで、
指導の保育士さんは4人です。解放された子どもたちは、すぐに園内を独占して
遊び始めました。

公園には、低鉄棒・ブランコ・滑り台の遊具と、砂場・ビオトープの施設があります。
ブランコは、先ず年長児に占領されました。低鉄棒と滑り台は、元気な年少・年中
さんが集まっているようです。他の子どもたちは、年配の先生がいる砂場にやって
きました。

若い先生の1人が、ブランコの乗り方を注意しています。「立ちこぎをしない・順番
を守る・50数えたら交替する・・・・」、こんな注意でした。 他の2人の若い先生は、
滑り台とビオトープの監視です。手分けして、安全指導に当たっていました。

それでも子どもたちは、先生の目を盗んで滑り台を逆に駆け上がったり、ビオトー
プの中へ足を突っ込んだりします。ルールを守るのは大事なことですが、ルール
を守らない遊びは、子どもたちにとって刺激的で楽しいものです。
ルール違反は危険もありますが(特に年少児の場合)、年長児になれば自分の
運動能力を考えてやっているので、まわりに迷惑がかからない範囲で許しても
よいのでは? と思いましたが・・・・

低鉄棒はすぐに厭きて、人気がイマイチです。子どもたちにとって逆上がりや
回転が出来るようにならないと、あまり面白い遊具ではないようです。

砂場の遊びは、けっこう長続きします。 子どもたちは、公園の水のみ場から
手のひらに水を溜めて砂場まで運びます。 砂を湿らせた方が、トンネルや
建物、それにお団子を造るのが容易だからです。

長くて崩れないトンネルは、どうやって掘ったらよいか? ピカピカの硬い団子
は、どうしたら出来るか? 子どもは、夢中です。砂場遊びを通して、探求心
・創造力が育っていると思います。
ロバート・フルガム(アメリカ人)は、「人生に必要な智恵は、すべて幼稚園の
砂場で学んだ。」と言っていました。

この公園は夕方になると、愛犬家が集まって犬を放します。 犬の排泄物で
砂場が汚れていないか? ふと心配になりました。
最近は砂を抗菌したり抗菌用の備長炭を敷いたりして、無菌砂場なるものが
流行っています。ですから砂場は、だんだんインドア化してきました。
汚いよりは結構ですが、行き過ぎると公園の砂場はやがて姿を消してしまう
のではないでしょうか?

公園での犬の放し飼いも困りますが、あまり神経質になるのもどうかと思い
ます。子ども自身が、清潔について関心を持つチャンスかも知れません。
子どもの遊び場が適度な清潔を保つように、大人たちが十分に気配りして
欲しいものです。

それにしてもきょうのような日にはサッカーボールを一つ持参すれば、公園
での遊びももっと盛り上がったのではないかと、悪い癖で 昔取った杵柄と
ばかりつい口を出す気になります。
いっ時賑わった公園も、保育園児が帰ると元の静けさに戻りました。公園は、
やはり子どもたちが一番似合います。


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/06/13(日) 06:23:54 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

昔の教え子へ

アメリカからのコメントありがとう! よく私のブログを見つけましたね 
あなたは誰かな? 日本を離れて30年と言うと昭和小の卒業生では?
いずれにしても懐かしいお便り 嬉しい限りです
子育ても終わり 第2の人生を楽しんでおられる頃ですね
振り返ってみれば小学校時代の得意・不得手は 人間形成に関係ありませんね
世界的な傾向のようですが 今年は日本も天候不順でした 体調も狂い勝ちです
あなたの住んでおられる地域は 梅雨があるのかどうか分かりませんが
健康管理に留意なさって これからも元気でお過し下さい
コメントのお礼に代えます
 (メールアドレス u.kazumi@mx8.ttcn.ne.jp )

  • 2010/06/13(日) 12:34:01 |
  • URL |
  • 元園長 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1005-d0bf1287