幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

人間とは

ブログ再開の日に、鳩山首相の辞意が伝えられました。
日本をどうリードして行くか? 
信念のある人に、首相の座を託したいと思います。

このブログでは、子どもをどうリードして行くか? 
これからも、真剣に考えて参ります。



お釈迦様は生れるとすぐにすくっと立って、「天上天下唯我独尊!」と、
天を指差して言われました。
でも私たち凡人は、そうは参りません。 私たちが立って歩けるように
なるには、ずいぶんと時間がかかります。 それよりも、立つ前には
座ったり這ったりすることが出来なければなりません。

普通は1~2歳の間に立つようになり、歩くようにもなります。
人間以外の動物は立つのが早く、草原で暮すキリンの子などは、生れ
るとすぐに立って走り出すと言われます。そうしなければ、ライオンの
餌食になってしまいますから・・・・

つまり、いつから立ったり走ったり出来るかは、生まれつき持っている
性質なのです。
人間の発達が遅いのは、生き抜く力をゆっくり獲得するためです。
生き抜く力は、その人の可能性でもあります。つまり人間は、可能性を
いっぱい秘めた動物なのです。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://freesia7.blog10.fc2.com/tb.php/1001-019cac2f