幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

新型コロナから逃れて

新型コロナウイルスの感染拡大が、一向に収まりそうもありません。昨29日には全国で新たに171人の感染が確認され、総数は計2612人となったそうです。(朝日・朝刊より)都をはじめ周囲の県では、週末の不要不急の外出を控えるようにと求めています。

タレントの志村けんも、このウイルスに感染して入院中だったようですが、昨日亡くなったと報じられています。他人事ではありません、老人は、特に注意しなくてはいけないようです。


新型コロナウイルスは、世界的に流行しているようです。遅まきながら日本政府も、米国・中国・韓国や欧州各国からの入国を拒否するとのことです。

グローバル時代ですから、各国からの入国を完全に拒否するのは難しいようです。でも日本は島国ですから、水際対策を強化すれば、なんとか感染クラスターを防ぐことができるのではないでしょうか?


このところ東京は、暖かな春の陽気が続いていたのですが、昨日は一転寒気が襲来して雪が降りました。都心でも1cm積雪が観測されたそうです。

せっかく咲いた桜の花にも、雪が積もりました。桜隠しと言うそうで、都心の雪は32年ぶりと言われます。気温も1月下旬並みに、0.7℃と冷え込みました。


春の天気は変わりやすいと言われます。変わりやすさの原因は、1つは、高気圧と低気圧・前線が短い周期で交互に通り、ある日に晴れたかと思うと、つぎの日は雨になって、翌日はまた晴れるというように、日替わりで天気が変わります。

「春に三日の晴れ無し」とも言われます。このように目まぐるしい天気の変化は、冷たい大気が、相対的に温かい地面や海面の上に流れ込んできて、下から熱せられて対流を起こす時に現れるのです。

「男心と春の空」でしょうか?


 4月3日より、しばらくコロナウイルスから逃れて、広島の娘の家で
 厄介になります。