幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

続 台風19号の爪痕

台風19号の被害が、どんどん大きくなって来ています。今朝の新聞によると、福島・宮城・神奈川など12都県で75人が死亡、14人が行方不明になっていると言います。

福島・宮城県など、7県の52河川73ケ所で堤防が決壊したそうです。濁流にのまれた被災地では断水や停電が続いており、多くの人が生活への悪影響を余儀なくされています。

記録的な大雨だったと報じられていますが、地球温暖化のこともあって、これからの台風は、みんな記録的な大雨を降らせるのではないかと心配です。


人の生死には、運が伴うのでしょうか? 決壊した川の浸水に逃げ遅れた人が、家に残ったおかげで助かったり、安全な避難場所へ行くために車で出かけた人が、濁流にのまれたり、分からないものです。

何れにしても、普段は優しく穏やかな河川も、ひとたび牙をむくと、激しい水流で家屋を破壊し、人々の日常を奪ってしまうのです。


備えあれば憂い無し、とは言うものの、どんなに堤防を補強し河川の構造を変えても、台風19号の例から考えると、予想を超えた未曾有の事態は、発生してしまいます。


新聞によれば、どんなに堤防などのハード対策を施しても、防災には限界があると言います。浸水が想定される場所には、全国で3千万人以上の人が住んでいるそうですから。


私たち個人ができる防災対策には、何があるでしょうか? いざ災害に遭遇した時は、自らの命を自ら守ることが原則です。でも、自らの判断で避難行動を取ることが、本当にできるでしょうか?


自分は大丈夫! 自分の家は大丈夫! と漠然と思っているだけで、何も具体策を持っていないのが現実です。「ハザードマップを確認して!」 頭で知ってはいても、居住地のハザードマップがあるのかどうかも知りません。


今回の台風19号の災害から、せめて自分の地域のハザードマップぐらいは確認し、居住している地域の災害史も調べてみようと思いました。