幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

累卵の危うき・通り魔殺傷事件に思う

積み重ねた卵はいつ崩れるかわかりません。不安定で非常に危険な状態です。
世の中こんな状況が現実にあることを、如実に知る事件がまた起きました。


昨日神奈川県川崎市多摩区登戸町で、19人が死傷するという通り魔殺傷事件がありました。

「またか!」という気持ちと「何故?」という気持ちが、今回もまた拭いきれません。

狙われたのは、通学途中の児童とその親たちです。6年生の女児と、他の児童の父親が殺害されました。気の毒でなりません。

犯人は51歳の男性で、事件現場に近い川崎市麻生区の住人と聞きます。


「千里の野に虎を放つ」と言いますが、本来自由に行動できるはずの現代の街中には、危険な虎が何匹も放たれているのです。危険な人物を野放しにすると、災いが人々に及ぶことは分かっているのですが・・・

今回の事件を省みても、このような犯罪は防ぐ手立ては、本当に無いのでしょうか?


朝笑顔で家を出た家族のひとりが、暴漢に殺害されて帰宅する、こんな悲惨な出来事があってよいのか?  

残された家族の怒り・悲しみ・苦しみは、想像に余りあるものがあります。


「盗人にも三分の理」でしょうか?  この種の犯罪を起こす犯人たちは、「世の中面白くないから」・「生きていても仕方ないから」・「誰でもよいから殺したい」・・・ などと、身勝手なことを言っています。


繰り返しますが、事件を防ぐことは、本当に無理なのでしょうか? 
事件が起きる前に、加害者を拘束することは出来ないのでしょうか?


事件を起こしそうな人物を犯罪者扱いするのは、人権上の問題もあって難しいとのこと。でも、今回のような事件は続発しています。

特に子どもたちを、事件から守る方法は無いのか?  
真剣に考えなくてはと、今回の事件から痛感させられました。




スポンサーサイト