幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

さざんか


八重の山茶花(サザンカ) ( 2019, 2, 25 写す )


ご近所に八重咲きの山茶花があります。
5弁花が普通で、八重咲きはめったに見かけません。珍しいと思いました。

サザンカは、山茶花と書きます。これをどうして「サンサカ」と読まないで、「サザンカ」と読むのでしょうか?

「サンサカ」と読むと発音上どうもぎこちなく、リズムよく発音できません。

でも「サンサカ」を声を出して何回も繰り返し発音していると、いつの間にか「サザンカ」と声を出しています。

そんなことから、山茶花は「サザンカ」になったというのが有力な説です。


似たような言葉は、他にもあります。

おみこしを担ぐ時のかけ声は、「わっしょい!」です。これは、「和一緒」から生まれた言葉です。

日本人は、祝い事があると「三本締め」をします。その時の「いよー!」というかけ声は、「祝おう」が変化したものです。

電話の「もしもし」は、「申す申す」が変じた言葉と言われます。


「サザンカ」から、色々思いつきました。