幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

三伏

 fullsizeoutput_133b_convert_20180715102708.jpeg
 fullsizeoutput_1339_convert_20180715102624.jpeg
 ひまわり ( 向日葵・近所の病院で 2018, 7. 14 写す )
       ひまわりは、やはり夏を代表する花です。


このところ西日本・東日本は異常な暑さで、熱中症が心配されます。

今回の豪雨災害被災地では、被災者はもとより、支援のボランティアたちも、厳しい暑さの中で復旧活動を強いられています。

午後には各地で気温が上昇し、多くの地域で37℃を超えました。

(午後3時50分の NHK ニュースによる)

 *38℃を超えた地域
  ・京都市  ・岐阜県揖斐川町 

 *37℃を超えた地域
  ・大分県日田市  ・埼玉県熊谷市  ・広島県三次市
  ・富山県富山市、高岡市  ・山形市
            (夕方になればもっと増えていると思われる) 
 
 

過去に37℃を超えた最高気温の記録が残っていますが、現在は日常的にこのような高温の日が続いています。

 昭和 8年 7月25日  山 形→40.8
   17年 8月 1日  鹿児島→37.0
   17年 8月 2日  名古屋→39.9
   17年 8月15日  長 野→38.6
   24年 8月 3日  大 阪→38.2
   28年 8月21日  東 京→38.4


昔から酷暑の期間を表す言葉として三伏が使われます。夏至から数えて3番目の庚(かのえ)の日が初伏、 4番目の日が中伏、立秋以降1番目の庚の日が
末伏です。


庚( 十干の7番目 )は、金( 木・火・土・金・水の五行と言われ、万物を構成する元素 )の兄です。金は火性の盛んな夏の間は火を恐れて伏し隠れているので、夏の庚の日は凶日とされました。

転じて、酷暑である夏の3回の庚の日を三伏と言うようになりました。今年の初伏は7月17日、中伏は7月27日、末伏は8月16日です。


いくら暦の上では三伏だからと言っても、この暑さは平常ではありません。
世界規模で地球の温暖化が進んでいるのです。個人としてはもちろん、国家的にも早急に対策を講じる必要があります。
 

豪雨災害被災地の人々のためにも、三伏の夏が早く過ぎ去るように心から念じています。

   池冷やかにして
   水に三伏の夏なく
   松高うして
   風に一声の秋あり
            ( 和漢朗詠集 源英明 )