幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

七夕あれこれ

fullsizeoutput_1331_convert_20180707145546.jpeg
 園児が作ったミニ七夕飾り


今日は七夕です。 幼稚園や保育園では、子どもたちが作ったミニ七夕飾りが
賑やかに飾られていることでしょう。

子どもたちは短冊に願いごとを書いて、七夕のお星様( 牽牛星と織女星 )に
叶えてくれるようにと祈りました。

竹の枝に願いごとを書いた短冊を吊り下げる風習は、江戸時代になって町人の間に広まったようです。


私が子どもの頃は、朝 植物の葉に溜まった露を集めて墨をすり、短冊や色紙に有名な和歌や俳句を書くと、書道が上達すると言われました。

七夕のお星様とは、天の川を隔てて相対している牽牛星(わし座の1等星アルタイル)と、織女星(こと座の1等星ベガ)のことです。七夕の日に、牽牛星と織女星が、1年に1回だけ会えるという中国の古い伝説が日本に伝わってきました。

日本にも棚機女(たなばため)の信仰があったので、中国の伝説と合体して、現代のような七夕の行事になりました。


だいぶ前に、仙台の七夕を見学しました。仙台の七夕は、1ヶ月遅れの8月6〜8日に行われます。豪華なくす玉や五色の吹き流し、賑やかな短冊飾り
など、団体や商店が意匠を凝らして飾りつけます。

幼稚園の七夕飾りと比べれば、見物客の度胆を抜くものばかりです。東京の近郊では、福生や平塚の七夕が有名です。

何れにしても、商魂の目立つ集客目的の観光行事になっていますが・・・


ところで、棚機女信仰が七夕行事の基盤に根強く残っている地域が、今でもあります。棚機女は、水辺の機屋で神を迎えるという行事なので、その翌日には、神を送るために人々は禊(みそぎ)をしました。

この名残として、七夕が終わったら七夕飾りを川に流したり、子どもに水浴びをさせたり、女性が髪を洗う儀式が行われたりしています。厄払いの行事でもあったのです。


七夕祭りが水と密接な関係を持っているとは言え、2〜3日前から日本中が大雨の被害を被っています。洪水・土砂崩れによる災害情報が、各地から寄せられます。心配です。

災害がこれ以上大きくならないように、広がらないように、心から祈ります。




スポンサーサイト