FC2ブログ

幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

春は あけぼの

 IMG_4396_convert_20180422115639.jpg
 スズラン ( 2018, 4. 22 写す )


春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎは。少し明かりて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

清少納言の気持ちがよく分かる、この頃の朝の風景です。

4月に学校(幼稚園)を始めると決めたのは誰だか分かりませんが、うまい決めかたをしたものといつも思っています。

穏やかで人々の心もなごむ季節ですし、すべての生命が生き生きと息吹いている様子が感じられます。

「4月新学年度反対」の声があるのも知っています。入学試験が厳冬期と重なり、不都合なことも事実です。

それでも春に新学年がスタートすることで、自分の持っている能力を十分に振るい、困難なことにも負けずに挑戦して行く勇気を自覚します。困難に打ち勝つ、失敗したらやり直す、春は回復力が一番高まる時期でもあるのです。


春は、親しい人と別れたり、新しい人と出会ったり、悲しみと喜びが交錯する季節です。

茶道では、「一期一会」という言葉がよく使われます。一期は一生です。一生の中で今日の出会いは、とても大切な出会いだということです。

私たちが多くの知人・親友と出会えたのは、正に「一期一会」です。 一期一会は、
生きているという実感・喜びに他なりません。

新学年度を機に、子供たちが人生を真剣勝負の場として歩んで行って欲しいと心から願っています。


「一期一会」は、「今」の精神でもあります。この今を、真剣勝負の場としなければならないということでもあるのです。

「今」を私たちが連続して行くならば、生涯「一期一会」ではないでしょうか。