幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

木の芽時

 
 イロハモミジ
 IMG_4909_convert_20180331153421.jpg
 木フヨウ
 IMG_4915_convert_20180331153502.jpg
 アジサイ
 IMG_4916_convert_20180331153539.jpg
 キンモクセイ   ( いずれも 2018, 4. 1 写す )

木の芽時の季節になりました。桜の花は散り始めましたが、木々の芽吹きが美しい頃です


「春に三日の晴れ無し」と言いますが、このところ晴天の日が続きます。
いつもなら高気圧と低気圧が短い期間で通り過ぎるのに、高気圧が長く居座っているようです。

桜前線はすでに東北地方南部まで到達したようですが、植物の季節現象も異常なのでしょうか?  桜前線の進行が、例年より早過ぎます。

5日は、暦の上では「清明」です。祖父の名が "清明" でしたから、この呼び名には親しみを感じます。「晴明」は、正しくは5日から19日までの15日間を言うそうです。

中国では、年中行事の中でも重要視されていると聞きます。日本でも沖縄では「晴明(シイミイ)祭」と言われ、お祝いする風習があります。

4月は別名が多い月です。

卯月(うづき)・卯花月(うのはなづき)・鳥月(とりづき)・鳥待月(とりまちづき)・花残月(はなのこりづき)晴明月(せいめいづき)・清和月(せいわづき)余月(あまりづき?・読み不確か)・孟夏月(もうかづき・孟は初めの意)・夏首月(なつくびづき?・
読み不確か



木の芽時と並んで、次のような言葉があります。

木の芽晴れ・木の芽風・木の芽雨・木の芽冷え・木の芽つわり


「つわる」とは、芽が出る・熟す・発情する などの意味があります。妊婦の吐き気も「つわり」と言います。転じてこの季節に体がだるくなる状態を、「木の芽つわり」と言います。精神的に不安定になる人が出てくるのも、この時期です。


木の芽時雑感でした。