幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

ぼろは着てても 心の錦

平昌オリンピック開催
昨夜は、平昌五輪開会式の様子をテレビで見ました。アジアでの開催は、札幌・
長野の大会に続いて3回目だそうです。92カ国・地域から2900人を超える選手が参加しました。

回を追うごとに豪華で派手になってきた開会式ですが、これも平和だから出来ることと納得しながら見ました。


ぼろは着てても 心の錦
東京銀座にある中央区立泰明小学校が、今年の1年生からイタリアの高級ブランド 「 アルマーニ 」 製の標準服を導入することが話題になっています。

標準服は一式4万円を超え、バッグ・ベスト・セーター・靴下まで揃えると8万円を超えるそうです。公立小学校の標準服としては、ちょっと高価です。

「 標準服は強制するものでは無い 」 と学校側は言いますが、皆んなが求めるのに1人だけ求めない、というわけには参りません。それこそいじめの原因になります。

元来標準服を取り入れた動機は、汚れても痛んでもよいように、普段着・仕事着的な意味があったのです。

それにしても制服まがいの標準服で、統一しようというのは如何なものでしょうか?  何か戦前の統制時代を思い出します。 泰明小の校長さんは、「 服育 」
などという新語を使って保護者たちを煙に巻いているようですが・・・

公立小学校では、せめて服装くらい自由であって欲しいと思います。


こんな昔話があります。

江戸後期、陶工の名人として知られた尾張の白鴎(八兵衞)は、ある時藩主に呼ばれて城へ参上することになりました。

彼は普段から仕事をする時は、脱いだり着たりするのが面倒なので、ふんどし
一つの時が多かったそうです。 この日も、ふんどし姿に仕事着をひっかけたままで出かけました。

ところが城の門番に咎められて、城の中へ入れてもらえません。「 殿様が会いたいそうだから来たのだ。 」 と言っても、「 そんな無礼なかっこうではならん!  通すことはならん! 」 と、追い返されてしまいました。

彼も 「 別にわしの方から会いたいわけではない。」 と、 引き返してしまいま
した。

藩主は後で門番からの報告を聞いて、慌てて家臣を謝罪の使いに出しました。
ところが白鴎は、もう仕事をしていて相手になりませんでした。

そして「 殿さんは、わしじゃなくてこれに会いたいんだろう。 」 と、礼服の
上下を家臣に渡しました。

ほんとうの 「 服育 」とは、こういうことではないでしょうか?