幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

笠地蔵

連日寒い日が続きます。先週大雪に見舞われた東京ですが、予報では明日の夜もまた雪とのことです。

この寒さは異常かな?  と思いましたが、長い年月を振り返ってみると、繰り返えされている気象現象です。


園長時代にも,厳しい寒さが続いた年がありました。
私は寒さに震えていた年長さんたちに、「笠地蔵」の読み聞かせをしました。

「心の優しいおじいさんとおばあさんがいました。二人はたいそう貧乏でしたが、 それでも仲良く暮らしておりました。  さてその日は、 雪の降る大晦日でした。」

子供たちはすでに知っている話なのですが、 私の声に引き寄せられるように
聞き入っていました。『「笠はいりませんか。こんな雪の日にはぴったりの笠ですよ。」 道行く人に声をかけても、笠は一つも売れません。』

子供たちも不安そうで、笠が売れるのを期待しているのがよく分かります。

『 しょんぼりとおじいさんが雪道を歩いて帰ると、村の入り口で石のお地蔵さんが頭に雪をのせて、寒そうに立っている姿が目に入りました。』

「 笠をかぶせてやるんだよ。」 と、声に出して言う子がいます。

読みが進むにつれて、子供たちの表情がとても優しく穏やかになって行きました。瞳がキラキラと、美しく輝いているように見えます。

『 「おじいさん、明日はお餅の無いお正月になりそうですね。」 と、おばあさんが言いました。』

『 その晩のことです。「 うんとこどっこい!  うんとこどっこい! 」 』  ここまできたら、子供たちも 「 うんとこどっこい!  うんとこどっこい! 」  の大合唱になりました。

雪地蔵の話と子供たちの心が、共感し合ったひと時です。
読み聞かせの後、子供たちは元気に園庭へ飛び出して行きました。


 IMG_4818_convert_20180131113135.jpg
  裏の公園の雪景色 ( 2018, 1. 23 写す )