幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

社会性を培う

社会性(社会生活をうまくやっていく能力)と人間性(人間らしさ・望ましい人柄)には、共通点があります。

社会性を培うためには、私たちが社会の一員として文化財を(学問・芸術をはじめ有形無形の文化的価値を有するもの全て)積極的に受容し、身に付けることが重要です。

デューイ ( 1859〜1952年・アメリカの哲学者・教育学者 ) は、 教育をコミニュケーション( 人間が互いに意思・感情・思考など伝達し合うこと )と考えました。

彼によれば、社会集団を構成している個人は生と死を繰り返し、新しく生まれた未成熟者は、成熟者との間のギャップを埋める必要がありました。これによって大人の生活は子供に受け継がれ、社会集団はこの更新の過程を繰り返しながら存続していくと言うのです。

未成熟者が成熟者になるということは、社会性を身に付けるということに他なりません。


「人間は社会的動物である」と、言われます。私たちの存在は、社会を離れて考えることは出来ません。

「アベロンの野生児」という話があります。

 1799年、真裸で木の実や根を食物として、一人森の中で生活していた少年( 11〜12歳 )が発見されました。4〜5歳の頃に親に捨てられ、それから放浪生活を送っていたと考えられます。
 発見時、言葉や社会的習慣は失われていました。手に負えないくらい注意力は散漫で、適応性を欠いていました。身体機能や器官も、正常に発達していませんでした。

この野生児を正常に戻すために、イタール ( 1774〜1838年・フランスの医学者・障害児教育の草分け )により、野生児の教育プロジェクトチームが組まれました。

野生児は、ヴィクトールと名付けられました。イタールが重視したのは、彼に社会生活に興味を持たせることと社会的な接触を増やすことでした。

結果的には、この試みは失敗に終わりました。5年間教育しても言語機能は獲得されず、社会性の回復も無かったのです。最終的には、知的障害児・自閉症児として処理されました。


人間は自然の状態に放置されると、動物と変わることがないということです。その能力においては、動物よりかえって劣ることが分かります。社会性の欠如は、人間としての成長に大きな障害となるのです。

人間は社会の中で他の人々と交わることにより言葉を覚え、生活技術を身につけ、道徳や宗教の感情を心に植え付けるのです。社会性を培うということは、人間らしさを育てることに繋がります。