幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

平和学習

きょうは、広島「原爆の日」です。広島に原爆が投下されてから、すでに72年が経過しました。平和祈念式典のテレビ中継を見ていましたが、広島は72年前と同じように夏の日差しが照りつけていました。

松井広島市長は、平和宣言の中で「原爆は絶対悪である」と言いました。72年前、 原爆が投下された日の様子を「正に地獄」と表現し、 為政者は本気で核兵器廃絶に取り組んで欲しいと訴えました。

先月国連で「核兵器禁止条約」が、 加盟国122カ国の賛成によって採択されました。 核兵器禁止は、被爆国日本の長年の願いだったはずですが、 アメリカの核の保護下にあるため日本政府は採択に参加しませんでした。

広島・長崎の被爆者は、 日本政府の態度にもちろん失望し落胆しました。  でも国民の間からは、あまり批判の声があがらないのはなぜでしょう?  平和に慣れすぎて、核兵器の怖さを忘れてしまったのでしょうか?  気になりました。


平和公園内の「平和記念資料館」が、リニューアルされたと聞きます。 展示物や展示場の劣化もひどくなり、従来の展示法では不十分なところも出てきたようです。

IMG_4455_convert_20170805213847.jpg
原爆ドーム ( 平和公園で 2017, 6. 2 写す ) 

IMG_4453_convert_20170805214028.jpg
動員学徒慰霊塔 ( 平和公園で 2017, 6. 2 写す )


平和祈念式典では、子供代表の「平和への誓い」もありました。広島の子供たちは、小学校時代から原爆投下の背景や核廃絶への取り組みを「平和学習」で学びます。ですから広島で育った私の二人の孫たちも、「平和学習」は身近な存在でした。

2006年8月6日、私は広島の娘の家に滞在していました。当日二人の孫は、原爆の日の「平和学習」のために登校しました。

孫たちは、広島市教委が作った「平和への誓い」という文書が収められたレターファイルをもらって帰宅しました。私はその一つをもらって帰京し、今でも大事に保存しています。

「平和への誓い」には、次のような一文があります。

  世界中のどこの国も「平和」であるために、今必要なことは、自分の考えを伝えること、相手の考えを受け入れること、つまりお互いの心を開くことです。人間は言葉をもっています。心を開けば対話も生まれ、対話があれば争いも起きないはずです。
  そして、自分だけでなく他の人のことを思いやること、みんなと仲良くすることも「平和」のためにできることです。



きょうの子供代表の誓いの言葉にも、この思いは受け継がれていました。
広島の子供たちは、「平和学習」が身についています。でも東京の子供たちには(広島・長崎以外と言った方が適切か?)、馴染みの無い学習です。

然し最近、「平和学習」を広島・長崎以外の人たちにも学んでもらおうという動きがあります。東京でも、大学生が中心になって声をあげているようです。「平和学習」の輪が、全国に広がって行くことを願っています。


自然災害でもそうですが、直接経験しないとその怖さが分かりません。ましてや原爆の怖さなど、広島・長崎で生き地獄を目にした被曝者にしか分からないことです。

核兵器の怖さは、長期に渡り放射線を放つことです。被曝から72年も経っているのに、未だに白血病や癌を発病する人がいます。

72年も過ぎると、多くの被爆者が他界してしまいました。怖さを伝える人が少なくなりました。核の怖さが、風化してしまうのが心配です。


広島への原爆投下から72年目の「原爆の日」、「平和への誓い」を新たにしたいと心から願っています。