幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

好きこそものの上手なれ

DSCF6710_convert_20170517154822.jpg

祝 眞子さま婚約
秋篠宮家長女眞子さまの婚約が報じられ、日本中が祝賀ムードに湧いています。最近は国の内外で、悪いニュースが多すぎます。久しぶりにそんな雰囲気を吹き払ってくれるような、明るいニュースです。眞子さまが、素敵な家庭を築かれるように、心からお祈りします。


好きこそものの上手なれ
現職中 6年生を担任していた時に、今でも忘れられない出来事がありました。

H 君からこんな質問をされました。
「先生は、勉強が好きだったの?」 と。学校の先生になったくらいだから、「先生は勉強が好きなんだ。」と、子供たちは勝手に決めていました。

「勉強は嫌いだったよ。」 期待はずれの私の答えに、子供たちは一瞬耳を疑うような素振りでした。

するとすかさず H 君は、「じゃァどうして先生になったの?」 と、問い返してきました。確かに勉強嫌いが、子供たちの先生になって、「勉強しなさい!」 と言うのは矛盾しています。

私は慌てて、言い訳まがしく付け足しました。「子供の時代は、みんな勉強が嫌いなんだよ。でも勉強の基礎は、子供のうちにやらないと、覚えられないのだよ。だから嫌いでもやらないと!」 「少年老い易く、学成り難し。一寸の光陰軽んずべからず。という諺もあるくらいだから・・・ 」 と。

さらに「若い時は二度と無い、今遊んで過ごしたら将来きっと後悔するし、幸福な人生は望めない。」 と、偉そうに説教しました。

すると H 君は、「子供は可哀想だなァ。ぼくは遊んでいる時が、一番幸福なんだけど・・・ 」 と言いました。
私は今でもこの時の H 君とのやりとりが忘れられません。

もし子供時代 に、 「 勉強! 勉強! 」 とお尻を叩かれて遊ぶ機会が無く、不幸にして早逝するようなことがあったら、その子は一生幸福を知らないまま人生を終えることになってしまいます。

子供時代には、子供時代にしか得られない喜び・楽しみ・幸福感があるはずです。だから嫌いな勉強を無理強いするのは、考えものです。


この時以来私は、子供たちへこう答えるようにしました。

「 勉強は嫌い! と言う前に、勉強全体をよく見てご覧。勉強の中には、これは面白そうだ とか、これは好きになれそうだ というのが、必ずあるものだよ。」

「 教科でも 算数は嫌いだが、音楽は好きだ とか、 漢字は苦手だが 詩を読むのは楽しい ということがあるね。」

「 [ 理科は難しいけど 動物は可愛い ]・[ 教室での勉強は嫌だが 校庭で運動するのは得意 ]・[ 歴史上の英雄を調べたり お城を見て歩いたりするのは大好き ]・・・ など、 よく探すと、嫌いな勉強にも面白いことや好きなことが一杯あることに気づくよ。」

「 そうなれば 好きこそものの上手なれ! で、好きなことにはやる気も起きるし、熱心に取り組むことも出来るね。」

「 嫌いな勉強を、そうやって好きになろうよ。するといつの間にか勉強好きになるし、成績も上がるよ。 下手な横好き 、という諺もあるね。下手でも熱心にやっていると、上手になって行くものだよ。」



私は私の勉強観を、こう子供たちへ話すようになりました。 そして、嫌いな勉強を克服するように勧めました。