幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

清明

IMG_3833_convert_20170410122512.jpg
サクラ  今年は、寒の戻りがあったので花持ちが良い。
          ( 2017, 4. 7 写す・ 千川上水沿いの ソメイヨシノ )


今頃の時期を「清明」と言います。万物が、清く明るく生き生きと感じる季節です。そして、「4月の風は光る」とも言われます。見るもの全て清々しく、希望に満ち溢れています。

実は 私の祖父の名が(父方の) 清明 です。

新年度もこの時期にスタートします。自然に恵まれた日本は、緑一色に覆われます。小川の小魚や水生昆虫たちも、元気に活動し始めます。

千川上水沿いの陽だまりで、小さな白い花をつけたナズナや、黄色い花のハハコグサを見つけました。袴をつけたツクシンボウの穂先を、春風が通り過ぎて行きます。冬ごもりをしていた虫たちも、目を覚ましたようです。

学校 (幼稚園・保育園も) も、新学年度の幕開けです。子どもたちも冬の寒さから解放されて、歓声をあげて外へ飛び出します。

欧米は9月が新学年度という国が多いようですが、そこが農耕民族と狩猟民族の違いでしょう。最近9月新学年度説を主張する人がいますが、日本の気候風土に逆らってまで変える必要はないと、私は思います。

関西では、男女共に13歳になると、4月13日には虚空菩薩にお参りして、知恵が授かるようにと祈る「知恵参り」という風習があります。( 「十三参り」 とも言われる。京都嵯峨の 「虚空蔵十三参り」 は有名。) 
やはり学問の始めは「清明」の季節です。


ところで幼稚園・保育園の新入園児たちも、無事入園式を済ませた頃だと思いますが・・・   元気で通園しているでしょうか?

幼児期は、優しい心を育てる大切な時期です。心の発達過程から考えても、人間性の基礎を培う適齢期です。

幼児は、アニミズム的な考え (全てのものには、魂や感情があると考える。) を持っています。ですから草花がしおれると、 「のどが渇いたのね。かわいそうに。」 と、話しかけます。

茎が折れたりすると、自分が骨折したように痛みを感じたりします。また生物ばかりでなく、椅子や机を叩くと、椅子や机が痛がると真剣に思います。

このアミニズム的な考え方は、未発達段階における大事な思考形態なのです。
人はこの頃に、他を思いやり、他の痛みを感じ取るという大切な心情が育つ
のです。

この時期に大人が子どものアニミズム的な考え方を否定したり訂正したりすると、子どもは情緒の発達が乱されて、弱いものをいじめたり、物を粗末に扱ったり、攻撃的な心情が強まったりするのです。

幼児期の優しい心は、物事を深く考え、工夫する力を生み出します。それはやがて、人として正しいことを最後までやり遂げる強い精神力へと成長して行くのです。