幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

調べる

園児たちに、こんな話をしたことがあります。

地震がいつ起きるか?    火山がいつ噴火するか?    自然の変化に気づいたか?   

それらを調べるためには、複雑な仕組みの機械や、地面の変化を調べる装置が必要です。

複雑な機械や装置を使わないと、地震や火山のことを調べるのは無理なのでしょうか?   

「子どもでも調べられます。」  私は子どもたちに言いました。

私たちは、わからないことを調べるのに、大変役立つものを持っています。それは、私たち自身の体です。

先ず第一に「目」があります。目でものを良く見ると、色々なことに気づきます。ものの「色」・「形」・「大きさ」・「感じ」などです。

そして、「白い」・「黒い」・「赤っぽい」・「尖っている」・「丸い」・「キラキラしてうぃる」などと、事象の様子がわかります。自然の変化に、気づくかも知れません。

次に「手」です。手の色々な部分と比べて、「親指くらいの大きさ」・「人差し指と親指を拡げた長さ」・「手を拡げたくらいの大きさ」・「手を握ったくらいの大きさ」など、大きさや長さがわかります。

また手でものに触れて、「硬い」・「軟らかい」・「ざらざらしている」・「すべすべしている」・「冷たい」・「暖かい」や、手に乗せて「重い」・「軽い」などがわかります。
噴火前の地面は、温度が変わっているかも知れません。

わたしたちの手や目は、ものを調べる大切な用具になります。他には目や手の働きを助けるために、簡単な道具もあります。

「虫眼鏡」は、ものを拡大して細かい部分までよく見ることができます。凸レンズや凹レンズを組み合わせると、望遠鏡や顕微鏡の働きもします。

「物差し」は、ものの長さを正確に測り、長さを比較する時にも役立ちます。「秤」はものの重さを調べるのに、「枡」は量を測るのに便利です。「ナイフ」や「ピンセット」も、手の働きを助けます。

高価な機械や装置がなくても、自分たちの体の働きや簡単な道具を使って、身の回りのことを調べることができます。それが、ものを調べる時の基本の姿勢なのです。   ・・・と