幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

盛年重ねて来らず

若い内は、歳月は豊富にあると思っていました。
でも今になると、「 光陰矢の如し 歳月人を待たず 」です。

ほんとうに月日は放たれた矢が飛んで行くような速さで過ぎ去って、再び元に戻ることはありません。今さら「 時を大切にすればよかった 」などと言っても、後悔先に立たずです。

「 年々歳々花相似たり 歳々年々人同じからず 」

きょうクロッカスの花が咲きました。同じ日に、同期生の訃報が届きました。
春がめぐり同じように花は咲くけど、その花を愛でる人には変化があります。

IMG_4255_convert_20170225160546.jpg
( 2017, 2. 26 写す )

クロッカスの花を眺めながら・・・
人にはそれぞれ運命があり、常に変化があります。人生の儚さを、思い知らされました。


人は落ち目が大事! と言われます。順調な時より、自分を律しにくい落ち目の時ほど慎重に行動し、立ち直るべく頑張らなければなりません。

泣いて暮らすも一生、笑って暮らすも一生です。同じ一生なら、残りの人生明るく笑って暮らす毎日にしたいものです。

「 人の価値は 棺を蓋て定まる 」と言います。それまでは、人事を尽くして天命を待つことにします。


春がそこまで来ています ( ラッパスイセンの蕾 2017, 2. 26 )
IMG_4257_convert_20170225160651.jpg