幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

あさがお

アサガオ・白
 小雨の中で咲いた うす紫色のあさがお (2011,7.31 朝写す)


大震災の余震が、まだ続いています。今朝も福島県浜通り地方では、震度5強の
地震がありました。東京でも震度3で、眠りを覚まされました。
新潟・福島県では、豪雨に襲われています。死傷者も出ているようですが、多くの
人が避難を強いられています。今年は、天災の年でしょうか・・・・



あさがお
あさがおのつるは、左巻きです。幼い頃、ケンカ言葉によく使わせてもらいました。

あさがおに つるべとられて もらい水  (千代女)

あさがおの伸びは速いのですが、ひと晩でつるべを支配するとは考えられません。
多分あさがおの伸びを待つ、加賀千代の優しい気持ちの表れだと思います。

あさがおの花の色は、多彩です。
白・赤・青・紫・紺・藍・茶・ねずみ・・・・ と。

あさがおは、種を薬用(下剤や利尿剤)にするため、奈良時代に唐から輸入されたと言われます。
花を観賞するため盛んに品種改良が行われたのは、江戸時代です。特に大輪花や
変わりあさがお作りは、この時代から熱心に取り組まれるようになりました。
あさがおの遺伝子の研究は、日本が一番進んでいるそうです。

大輪花のあさがおを育てるには、大変な苦労があります。
種選びから始まって、蒔く時期・苗作り・移植用鉢・土・肥料・水遣り・手入れ・日照
時間・・・・ など、米作り以上の手間がかかります。

江戸時代から、入谷(台東区)・染井(豊島区)地区で、あさがおが多く栽培されました。育ったあさがおは、あさがお売りが、早朝から「アサガオー アサガオー」と江戸
市中を売り歩きました。

明治の中頃から大正の初めになると、入谷のあさがおが大繁盛しました。その名残りが、今年も7月6~8日に、「あさがお市」として賑わいました。