幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

アメリカ大統領・秘話

お茶のみ話に代えて

オバマ大統領と麻生首相が、会談しました。英語で大統領は、presidentです。
コンサイスの英和辞典によると、他に会長・総裁・学長・学寮長・社長などという
意味があるようです。首相は英語で、prime ministerと言います。同辞典では、
総理大臣とも訳しています。

アメリカ歴代大統領について書いた本を読んでいたら、今まで知らなかったことが
いくつかありました。初代ワシントン大統領が、サクラの枝を切って正直に謝った
話は有名です。私もあの話の絵本で、嘘をつかない正直な人間になるようにと
教えられました。

オバマ大統領が尊敬しているリンカーン大統領は、奴隷解放宣言で知られていま
す。1863年1月1日といいますから、つい136年前のことです。

きょうは日本と関係があるのに、あまり知られていないアメリカ大統領秘話を、2話
紹介します。

日米和親条約の立役者ペルリが来日した頃のアメリカ大統領は、第15代のブカナ
ンです。ブカナンは1857~1861年在職で、民主党選出の大統領です。

ペルリはブカナンに、日本占領を進言しました。するとブカナンは 「アメリカはワシ
ントン大統領から自分の代まで、一度も他国を侵略したことが無いことを誇りにして
いる。この誇りを、傷つけてはならない。」と言って、許さなかったというのです。

そんな大統領でしたが、奴隷解放について曖昧な態度だったので、南北戦争を
阻止できなかったと批判されています。

次は1963年に暗殺された、第35代のケネディー大統領です。彼も民主党の選出
で、在職期間は1961~1963年の僅か3年間です。 ニューフロンティア精神を
提唱しましたが、志半ばで凶弾に倒れました。

彼は日本大使に、日本通で知られるハーバード大学のライシャワー教授を任命しま
した。教授が選ばれた理由と赴任の条件を尋ねると、ケネディーは 「私は才能の
ある人を見つけて、存分に働いてもらうだけです。それが大統領の勤めだと、私は
思っていますから。」と、答えたそうです。


大統領番外編
知人のMさんは、「プレジデント〇〇〇〇」という集合住宅に住んでいます。住宅の
オーナーは、どんな意図で命名したのでしょうか?

マンションには大邸宅という意味があるので、「マンション〇〇〇〇」は遠慮して、
プレジデントにしたのでしょうか? それにしても、プレジデントとは恐れ入ります。

寄席へ行くと、大向こうから 「大統領!」と声がかかります。 大物芸人という、
賞賛の言葉だと思います。

棟梁(とうりょう)、という言葉があります。集団の頭(かしら)・中心となる人物の
ことで、親方とも言われます。
武士の棟梁・大工の棟梁などと、よく使われています。