幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

大人の後ろ姿を見ながら

宇都宮地裁の判事が、ストーカー容疑で逮捕されました。正義の監視人が不義を
働くとは・・・・ 信じられません。そういえば学校の先生や警察官が、猥褻事件で
逮捕されたこともありました。

子どもは大人の言うようにはなかなかなりませんが、するようにはすぐになります。
大人の後ろ姿を見て育つ! 子育ちの大原則です。


世の中には、色々な人がいます。その殆どは普通の人で、普通の生活を送ってい
ます。ごくごく少数が、人格欠格者です。

人を見誤って付き合うと、とんでもない事件に巻き込まれることがあります。 日頃
からしっかりと、人物を見抜く力を養うことが大切です。特に子どもたちに、そういう
力をつけてあげたいと思います。 人格は人との関わりで形成されるのですから、
そのためにも人間関係を大事にしましょう。

昔蜀漢を興した劉備の軍師だった諸葛孔明は、欠格者の条件として次の8項目を
挙げています。

1、欲深くて これでいいということが無い

2、有能な人に 嫉妬する

3、お世辞を言う者を近づけ 告げ口に耳を傾ける

4、敵を知っても 自分を知らない

5、ぐずぐずして 決断できない

6、酒色に溺れる

7、嘘偽りが多く そのくせ臆病者

8、口先ばかりで 誠実さが無い


バラの花が、美しい季節です。
ただ見かけが美しいものは、思いがけず恐ろしい面を隠し持っていることがあります。
幼い子どもたちには、大人不信を招かない程度に それとなく注意してあげたいこと
です。「バラにトゲあり」と。