幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

本当の学力

一昔前までは100点を取る子が出来る子、0点を取る子が出来ない子でした。

私も覚えがあるのですが試験前に徹夜して暗記して行くと、100点を取ることが
ありました。でも試験が終われば、覚えていたことをきれいさっぱりと忘れてしま
いました。

然し入学試験でも学校の定期試験でも、合格点を取らなければ不合格となって
しまいます。それが従来の、学力だからです。

従来の学力は、暗記した知識の量で測定されるのが当たり前でした。最近その
学力が、問題になってきています。

せっかく大学に入学しても、漢字が読めない・分数の計算が出来ないと呆れら
れているのがそうです。

やっと有名会社へ就職した新入社員も、同じです。考える力が無い・創造力に
欠ける、だから意見が言えない・提案が出来ないというわけです。

つまり暗記型の詰め込み知識では、いくら良い点が取れても役に立たない
ということです。

本当の学力とは、自分で考え行動出来る力のことなのです。

人間は生まれながらにして、知的好奇心が強い動物です。他の動物と比べても、
五感が大変発達しています。

五感だけではありません。直観力というかインスピレーションのような閃きもあります。
第六感と言っても、よいでしょう。

さらには、第七感までもあるのです。人間の体の諸器官は、命令されなくても刺激に
反応して適切に対応します。心臓を始め内臓器官は、そうして心身の健康を維持して
いるのです。

まだ這い這いしているような赤ちゃんでも、目につく物・手に触れる物には何でも
興味を示します。そしていじくり回したり、口に持っていってなめたりします。

ましてやもの心ついた子どもたちは、「何だろう?」 「何故だろう?」 「不思議だ!」
「確かめてみたい!」 という意欲に駆られます。

この年頃の子どもたちの探求心は、とても旺盛です。だからこそ、探求活動が
始まるのです。

子どもたちは試行錯誤しながら、正解に到達することもあります。失敗して癇癪を
起こしたり、途中で諦めてしまうこともあります。

でもこの探求する力こそが、本当の学力につながるのです。

大人は子どもの探求活動に、口を出したり・正解を教えたりする必要はありません。
相談された時だけ、ヒントを与えればよいのです。子どもの力を信じて、じっと見守る
姿勢が大事です。

本当の学力を子どもたちの身につけるために、点数主義から早く脱却しましょう。
知識を覚えることに汲々とするのではなく、探求活動を大事にして自分で考える
力を身につけさせましょう。

本当の学力は、自分で考え行動する力です。言い換えれば、自立する力です。