幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

なでしこジャパン

新聞のスポーツ欄を見ていたら、中国・杭州市で行われた女子サッカーのワールドカップで、日本選手が試合後に「ARIGATO 謝謝 CHINA」と書いた横断幕を掲げた行動が、話題になっていることを報じていました。

日本対ドイツの試合で日本にブーイングし続けた中国の観衆に、反省の気持ちを呼び起こしているというのです。17日の試合中、約4万人の観客の殆どがドイツを応援し、試合前の「君が代」斉唱でも多くの観客が起立せず、ブーイングまで起きたそうです。

ドイツが攻めたり得点したりすると大歓声があがり、日本はアウエー状態で試合に負けましたが、試合後もブーイングは続いたと言われます。それでも日本代表はドイツ戦終了後に、ブーイングのあったスタンドの観衆へ、横断幕を掲げて感謝の意を表したそうです。

さすがに大和なでしこです。なかなかできることではありません。中国側のメディアも、「中国のブーイングは、日本の横断幕に負けた。」 「北京五輪でこのような反日感情を持ち込めば、中国人の国際的なイメージを損なう。」 「日本人は不快な気持ちを乗り越える勇気を見せたが、中国人にはその勇気がなかった。」などと伝えています。

ネットの掲示板やブログでも議論が沸騰して、、「日本選手は横断幕を準備しながら
ブーイングを浴び続け、どんなに悲しかったか、中国人として恥ずかしかった。」
という意見があったそうです。

なでしこジャパンは、「小を捨て大に就く」の心境だったのではないでしょうか? それにしても四面楚歌の中、頭が下がります。監督の考えか? 選手の考えか? いずれにしても彼女たちは、笑顔で手を振りながら横断幕を掲げたのだと思います。

なでしこジャパンの行為は、政治家の外交パフォーマンスと一味も二味も違います。
直接、日中親善に結びつくものです。国際交流における内助の功大と、心から拍手を贈りたいと思います。