幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

暦から

手元のカレンダーに 相田みつをの言葉が載っています
「うれしいときも 悲しいときも にんげんはすばらしい」 と

霜降
8日が寒露 きょう23日が霜降です 露や霜は風の弱い晴れた夜によく降りると言われます 地面から逃げる熱を遮る雲が無いと いわゆる放射冷却現象が起こり 地表面は特に冷やされます

秋も深まってくると そんな季節になります でも東京の初霜の平均日は11月20日過ぎですから ちょっと気が早いかもしれません 冬の足音も近づいてきました

国連デー
明日10月24日は国連デーだそうです 1945年10月24日に 国際連合が正式に成立したのを記念して設けられました 日本は 1956年(昭和31年)に加盟が認められました

あらためて 国連憲章を紐解いて見ると 前文に次のように記されています

「われら連合国の人民は われらの一生のうちに 二度まで言語に絶する悲哀を人類に与えた戦争の惨害から 将来の世代を救い 基本的人権と人間の尊厳及び価値と 男女及び大小各国の同権とに関する信念を あらためて確認し・・・・」 と

世界の現状を見る限り 国連憲章がまだまだ生かされていないことを痛感します

読書週間
10月27日からは読書週間が始まります

読書と言えば 「課題図書」 「読書感想文」等が すぐに頭に浮かんできます
良書の普及 読書の奨励 それ自体は決して悪いことではありません 然し学校現場では旧態依然と 子どもたちに課題図書を与え読書感想文を強要していませんか?

高度情報化時代です 放送・映像・インターネット等を活用した読書のあり方を 検討してもよいのではないでしょうか?

テレビのために 子どもの読書嫌いが増えていると憂うより それを逆手にとって 情報機器を活かして 読書ブームを惹き起こす知恵が必要です 名作をマンガやテレビドラマで知る子が多い時代ですから なおさらのことです