幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

新社会人へ

4月から 新入生 新入社員 新・・・ と呼ばれる人たちが 一斉に船出します 何はともあれ おめでとうございます 前途が 日々是好日であるよう祈ります

ところで 最近の新社会人たちは(新入社員も フリーターも ニートも) あまり評判は芳しくありません
「常識が無い」 「やる気が無い」 「笑顔が無い」 「礼儀が無い」 「責任感が無い」 「注意を聞かない」 「何を考えているか分からない」 等々 無い無いづくしです

A紙では 毎週「働く」をテーマにした記事を 掲載していました 昨日はその最終回でしたが 二人の方の意見が紹介され 印象に残りました 新社会人の皆さんにも 
ぜひ目を通してもらいたいと 思います

一人は 日本海に浮かぶ飛島(とびしま・山形県酒田市に所属)という離島で 診療所長をなさっている 医師の杉山誠さん(69歳) もう一人は ダイエー代表取締役
会長兼CEOの 林文子さんの言葉です

杉山氏は 総合病院の臨床検査部長の職から 若い時から抱いていた 地域医療の夢をかなえるため 自ら選択して 気候条件が厳しい飛島へ赴任されました 
氏は こんなことを話されています

今 何ができるか それがすべて
「迷いや不安は 何歳になってもある それに打ち勝つには 自分を磨き続けるしかない 島民にとって大事なのは 過去の業績でも肩書きでもない 一人の医師として 今 何ができるか それがすべてだ」

林氏は ダイエーを再建するために 乞われて会長に就任されました 氏は 車のセールスからスタートされました 動機は あるセールスマンとの出会いにありました そのセールスマンは 実直で おとなしいもの静かな人だったので それなら自分にも車が売れるかも・・・ と思ったそうです だから その人がいなかったら 今の自分はなかった 人の出会いとは 本当に不思議だと 話されています 
そして 氏は新社会人たちへ こんなメッセージを寄せています

人生の妙味
「情報があふれる現代は [プロジェクトX]のような 感動的な番組がある一方で 企業の過酷な実態を伝える報道もある でも そんな疑似体験だけで 何かをわかった気分にならず まっさらな気持ちで 職場にとび込んでください そして自分が体験することを 信じて欲しいのです こうしたら 将来はこうなる そんな先の計算はし過ぎない方がいい 生きていくうえでの意外な 思いもかけない経験こそ 人生の妙味なのですから」