幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

みんなちがって みんなよい

DCP_2585_0001.jpg
我が家の庭では いま フヨウ(写真)・モクゲ・ハイビスカスの花が 競い合って咲いています いずれもアオイ科で きょうだいの花々です
似ているところは 花の感じでしょうか? 大きさ・形・おしべ めしべの様子 それに 朝咲いて 夕方にはしぼんでしまうところです でも よく観察してみると ずいぶん違いがあります 葉は 形・色・厚さ・手ざわりが 少しずつ違います 茎も 色・太さ・堅さ・表面の状態が やはり違います
フヨウとモクゲは 冬の寒さにも強いので 露地で育てています ハイビスカスは 寒さに弱いので 鉢植えにして 冬は屋内に入れています フヨウは 原産地が日本・中国で モクゲは小アジアです ハイビスカスは 手間のかからない丈夫な植物ですが 原産地が亜熱帯地方なので 東京の冬には弱いのです
同じきょうだいの植物が それぞれ違う個性を持っているのも 考えると面白いですね 育った環境が違うからです だから 人間だって 同じ家で育っても きょうだいの育ち方は違うのですから 個性が違っても当然です
相田みつをの詩に 「みんなほんもの」という詩があります
「トマトがねえ トマトのままでいれば ほんものなんだよ
 トマトをメロンに みせようとするから にせものに なるんだよ
 みんなそれぞれに ほんものなのに 骨を折って
 にせものに なりたがる」    (註)モクゲはムクゲともいう