幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

結論は両親の生き方

3月1日に かって勤務した幼稚園で お母さん方に話しをする機会がありました インフルエンザの流行期とも重なって 20人余の こじんまりした会になりました 1月下旬に 保育園のお母さん方に話しをしましたが その時とは ずいぶん違う雰囲気を感じました 質問の内容も違いました
幼稚園のお母さん方は いつも子どもが側にいるという ゆとりのようなものがあります ですから 質問も 日常生活における 子どもとの接し方が中心でした 逆に 保育園のお母さん方は 普段 子どもと一緒に過ごせないという悩みが 集まりの様子からも伺えました 質問も 子どもと関われない時間の 心配や不安が 多く寄せられました しかし 子育てに 一生懸命取り組んでいる姿は 両者に共通していました 
それぞれに悩みはありますが いずれの場合も 子どもは環境に適応しながら 成長の順序に従って 発達して行きます 子どもの環境で一番大切なのが 家庭であることは 言うまでもありません お母さんが家にいても 働きに出ていても 子どもの人格形成で重要なのは 家庭の雰囲気です その雰囲気創りで 決定的な力を持つのが 両親の生き方です