幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

心をこめて受けとる

大雪の中 信州湯田中温泉を訪ねた帰りに 小布施のT栗菓子店に寄りました 喫茶室で 特性の「栗あんしるこ」を賞味した折りに 店の人から 心を育てる月刊誌「ニューモラル」という 小冊子を貰いました 何気なく目をやった裏表紙に 次のような詩が載っていたのですが 強く心に残りました
「受」という字のまん中に 心を入れると「愛」になる どういうことも 心をこめて受けとれば 愛が生まれて 心が生きる (後略)
喫茶室の窓から見える風景が 一面真っ白な雪景色だったこともあって いっそう印象に残る詩になったのだと思います 子育てでも 心をこめて 褒めたり叱ったりすれば 子どもはそれを 心で受けとめることが出来 親子の愛も生まれ 深まって行くのだろうと つくづく感じた次第です