幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

公共の場のマナー

あなたは 電車の中や飲食店で お子さんに駄々をこねられて 困ったことはありませんか? 今日の朝日新聞「生活」欄に そんな時 どうしたらよいかという特集記事が 載っています 私も この日記帳で触れたことがある問題ですから 興味を持って読みました
川崎市で 子育て支援情報を発信されている 有北(ありきた)いく子氏と こどもの城小児保健クリニック院長 巷野(こうの)梧郎氏の意見です 見出しは 有北氏が「周囲は理解し見守って」 巷野氏が「注意は耳元でささやく」です 
いずれの意見も 机上プランではなく 実践・体験によるものですから 説得力があります ぜひ 目を通してみて下さい なお 次の2冊の本も紹介されていました これらも参考になります
*「あたりまえだけど とても大切なことー子どものためのルールブック」(ロン・クラーク著 草思社)・・・アメリカでは 100万部のベストセラーになりました
*「子どもとでかけるあそび場ガイド」(メイツ出版 シリーズ 全国50地域別に出版 ホームページで情報提供[Click])
ただ 子どもの気持ちは 状況によって刻々と変わります 個性もあります これなら確実というものはありません 大事なことは これらの識者の意見を参考に その場に合った対応を心がけることです