幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

1年を振り返る(5)

暖冬ともお別れ 東京は初雪 朝から寒い1日となる 
「スマトラ沖地震」による大津波の被害状況が 映像と一緒に 続々と伝えられてきます 新聞報道では 死者が5万人を超すとのこと 心配です 天災の恐ろしさを あらためて思い知らされました
今年は 天災と共に 心痛む人災も数多く発生しています 特に多くの子どもたちが 巻き添えになっているのが 大変気がかりです 
先ずアフリカでは 内戦や飢饉のために 子どもたちが犠牲になりました スーダンの内戦では ダルフール地方で 120万人が故郷を追われました(内子どもは半数) そして 多くの子どもが殺され 他にも 少年兵として借り出されたり 性的虐待を受けたりしています 他のアフリカ諸国でも 飢餓や エイズで苦しんでいる子どもが 沢山います アフリカばかりではありません イラクやアフガニスタンの子どもたちも 戦争と背中合わせの生活を 強いられています 
忘れられないのは ロシア南部北オセアチアの 学校で起きたテロ事件です 330人以上が死亡し 700人以上が怪我をしました
まだあります 発展途上国では 児童就労・買春・ポルノなどが 問題になっています また これらの国々では 子どもに盗みや物乞いを強要して 大人が
それを搾取している実態もあります これらの子どもたちを救うのは とても難しいことだと思います せめてその一助にと 私は2年ほど前から ユニセフのマンスリーサポートという制度を活用して 月々わずかながら 寄付を続けています