幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

1年を振り返る(3)

子どもが育つ条件を この日記帳でも 再三取り上げてきました ぬくもりのある なごやかな家庭こそ 子どもが安定して生活できる場なんです そこには 子どもたちを 心身共に健やかに育てることを援ける 豊かな家族関係があります 言い換えると 家族の人間関係です 豊かな 家族関係の条件としては 次の3点が必要です 第1は 子どもの安全と成長を 暖かく見守る両親の目です 押し付けではなく それでいて 子どもの目指す方向について 適切なアドバイスが出来なければなりません 第2は 家族が 大人(或いは社会)の理想像として 尊敬できる生活を実践していることです 子どもは 親の後姿を見て育つ と言います 口先だけで 実行力がない姿は すぐに子どもに 見破られてしまいます 弟3は 子どもたちにとって 精神的・文化的な 環境づくりに努めることです これは りっぱな設備を整えなさい ということではありません 1日 わずかな時間でも 子どもと一緒に過ごす時間をとって 音楽を聴いたり 絵を描いたり 本を読んだりするだけで 十分なんです