幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

後姿から学ぶ

子は親の立ち居振る舞いを見て学んでいます だから自然と親に似るのでしょう このような学習能力は 幼児期が一番旺盛です ですから親も心して行動しなければなりません 然し 子どもは外形上の動きだけから 学んでいるのではないのです 内面的な親の心の動きも 結構察知しています だから親も 表面だけ飾って子どもに見せても すぐに見破られてしまいます この後姿から学ぶ学習能力を うまく利用すると あれこれ口やかましく注意する必要がなくなります 特に生活習慣は 親が実行している姿を見せれば 子どもも身につけて行きます ところであなたは 子どもへの指示や注意が 多すぎませんか 「歯磨いた?」「手を洗った?」「後片付けした?」「忘れ物ない?」「挨拶した?」等々 どうですか?