幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

子どもの可能性 1

私は幼稚園に勤めていた時 お母さん方に「子どもの可能性を信じましょう!」と よく言いました ところで 「可能性」は大きく分けると二つあります 一つは固有なもので あまり環境に左右されません もう一つは 環境によって育つ可能性です 今回は後者について触れます 幼稚園で一番感じたのは 言語の発達です 幼児期は言語習得期で とても大事な時期です ですから 私は幼稚園でも 言語活動を 正しく豊かにするようにと 常に職員や保護者に訴えました 子どもを取り巻く環境で 正しい日本語が 豊かに使われていれば 子どもたちも 自ずと正しい日本語を豊かに使って 話すようになります 正しい言葉が 正しい心を育てると言っても 過言ではありません 一度間違った言葉 汚い言葉を覚えてしまうと 直すのは容易ではないのです