幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

耳が痛い話

三寒四温 うららかな光の春を感じながら・・・ (十数年前に書いたものの中から)
*「勉強が嫌いで困る」という訴えが増えてきました 家庭の中に 本を読み 文を書き 芸術を鑑賞し 名曲を楽しみ 人生を語り合う場(雰囲気)を つくり出してください 子どもは 人的・物的環境に適応しながら 育って行くのです
*「今の子どもは ひ弱だ」とよく言われます 自動車で連れまわしていませんか? 電車やバスでは 子どもに立つように指導していますか? 自分のことは自分でやるように 教えていますか? 努力や我慢を体験させていますか? ひとり立ち(自己確立)出来る子を育てるのが 大人のつとめです
*みんなが仲良く・楽しく暮らすためには 他を責める前に 少なくとも半分は 自分に責任があると考えましょう そういう謙虚さを持つことが 今の世の中では とても大切なことだと思います