幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

わらび神

沖縄発の夏川りみが歌うこの歌は副題が「天の子守唄」 胎教ソングなどとも言われてヒットしている わらび神とは 童神と書く 昔から「三尺の童子を拝す」と言って 子どもは神様の化身として大事にされた 「子宝」と言う言葉も同義である
日常の様々な親との触れ合いの中で 子どもは親を感じて育つ そして 親子の心が通い合う この触れ合いを支えるのは 愛情に他ならない 愛情は笑顔で表現される 人は 人から本当に愛されたことがないと 人を愛せない