幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

父親 (エミールから)

9月に入って残暑が厳しい!
ルソーは 「真の教育者は父親である」と断言しています そして やれ用事だ やれ仕事だと言って 子どもの教育に関わろうとしない父親たちを戒めています 当時すでに 夫婦は一致協力して 子どもの教育に当たるようにと説いています 父親は 正しい判断力さえあれば 技術や知識は劣っていてもかまわないとも言っています ルソーは 「父親は人類に対しては人間をつくる義務を 社会に対しては社会人をつくる義務を 国家に対しては市民をつくる義務を 債務として負っているのだ」と 父親の義務について述べています