FC2ブログ

幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

仲秋の名月

今宵は仲秋の名月、友人を招いて月見の宴を催すことになっています。
でも天気予報は雨で、十五夜の名月にはお目にかかれないようです。
月より団子、雲に隠れる仲秋の名月を想像しながら杯を交わすことにします。


名月を 取ってくれろと 泣く子かな
                    一茶


中秋の名月ではなく、人偏をつけた仲秋の名月なのは何故でしょうか?

実は陰暦8月15日前後3日間は、人偏のついた「仲秋」なのです。ですから陰暦8月15日の十五夜は、「仲秋の名月」でなければなりません。昔の人はこだわって、決して混同しなかったのです。


仲秋の名月、即ち「十五夜」を祝う由来は、平安時代の貴族の風習に依るようです。彼らは、十五夜の夜に月を愛でる宴を張って歌を詠みました。それが民間にも広まったと言われます。

秋は実りの季節なので、多くの穀物・野菜・果物が収穫されます。そこで米や麦を製粉してだんご(月見だんご)を作り、果物などと一緒に、十五夜の月に供える風習が生まれました。

十五夜には、「芋名月」という言葉もあります。地方によっては、里芋の初物を供える風習がありました。


月見だんごや里芋のお供え物と一緒に、秋の草花(秋の七草)を飾って、月のよく見える縁側に置いて月見の宴を催すのは、なかなか風流なものです。


 月々に 月見る月は 多けれど
    月見る月は この月の月

               詠み人知らず

小倉百人一首にも、月の歌は11首あります。

 月見れば 千々にものこそ悲しけれ
     わが身ひとつの 秋にはあらねど

                    大江千里(古今集)

この歌は、後の歌人に影響を与えました。(次はその1例)

 ながむれば 千々にもの思う月にまた
      わが身ひとつの 嶺の松風

             鴨 長明(新古今集)


大江千里は、伊豫の国(愛媛県)の権守として赴任しました。
そこで、愛媛県がらみで正岡子規の月を詠んだ句を紹介します。
(子規は月の句だけでも700句以上詠んでいる)

  名月や 伊豫の松山 一萬戸

  名月や 大海原は 塵もなし

  十五夜の 月ふり出すや 馬の首

  名月や 田毎に 月の五六十

  芋の葉に 月の転がる 夜露かな

  貧に誇る 我に月の如き 寶珠あり

  名月や われは根岸の 四畳半

  これほどの 名月見たる ばかりにて

  名月や 月の根岸の 串団子



中秋の名月が見られるとよいのですが・・・



金竜山・伝法院・浅草寺


浅草寺本堂 (以前に撮影したもの)

昨日 浅草まで出かけたついでに、浅草寺にお詣りしてきました。天気も悪かったので、比較的境内は空いていました。

浅草寺のご本尊は、飛鳥時代に(1400年前)檜前浜成・竹成(ヒノクマノハマナリ・タケナリ)という漁師の兄弟が、隅田川で見つけた一躰の観音様です。それを秘仏として祀ったのが、浅草寺の縁起です。

浅草寺の正式な名称は、金龍山・伝法院・浅草寺です。

お寺さんには、必ず 山号・院号・寺号 があります。

山号は寺院の称号で、お寺のある場所を表します。
 観音様が見つかった日、一夜にして辺りに千株の松林が出現しました。3日を過ぎると、今度は天から金の鱗を持つ龍が松林に降りてきました。この瑞祥が、金龍山の由来です。

院号は寺院の尊称で、お寺の敷地を表します。
 伝法院は浅草寺の本坊です。1690年(元禄3年)頃から、伝法院と呼ばれるようになりました。

寺号は寺院の名前で、お寺の建物を表します。
 浅草寺は、1400年ほど前に創建された観音霊場です。「浅草」という地名は、鎌倉時代に編纂された「吾妻鏡」に初めて出てきます。


お寺さんの呼び名は、山号・院号・寺号が寺院によって バラバラです。長い間に、参詣者が親しみやすい呼び方を選んでいたのです。

成田のお不動さんは、 成田山 です。
修学旅行のメッカは、京都の 知恩院 です。
奈良の大仏さんは、 東大寺 です。


初詣の時など浅草寺は混雑しているので、境内をゆっくり散策することはありません。でも昨日は参詣人も少なかったので、ふだんお詣りしないお堂を巡って見ました。

本堂 ⇨ 薬師堂 ⇨ 影向堂 ⇨ 銭塚地蔵堂 ⇨ 淡島堂 ⇨ 五重塔 と巡っても、浅草寺境内の4分の1くらいを廻ったのでしょうか?

それぞれのお堂で願いごとをして巡りましたから、結構時間もかかりました。

お堂を巡り、願いごとを重ねることを 堂々巡り と言うそうです。

転じて同じことを繰り返して先に進まないことを、堂々巡りと言います。
無駄な行動を意味します。堂々巡りは、慎まなければなりませんね。

久しぶりの 浅草寺詣 でした。



敬老の日に思う

先日バスに乗った時の出来事です。

老人などの優先席が空いていたので、腰を下ろしました。すると後から乗車してきた老人が(歳格好は私と変わりません)、「そこは俺の席だ!」と、大声で叫びました。

老化の症状が重い老人とやり取りしても埒が明かないので、私は黙って席を譲りました。

歳を重ねると好むと好まざるとに関わらず、老化はやって来ます。老化が進むと、痴呆症状が現れます。この老人もその類に違いありません。自他の区別もつかないのでしょう。

80歳の人は、これからの1年は80分の1と短くなります。 81歳なら、
81分の1です。分母は益々大きくなります。

 ああままよ 生きても 亀の百分の一
  と、一茶は言いました。

 壽而康
  長寿にして心身の健康を目指さないと、老化は進行するばかりです。


は象形文字で、背中の曲がった老人が杖をついている様子を表しています。
つまり とは、縮むことでもあるのです。

確かに人の身体は、歳を取ると縮んできます。身体のみならず、思考力・
判断力・想像力・創造性・感受性・審美眼・記憶力・洞察力・柔軟性・・・ 
など、様々な能力が縮みます。

ですから歳を取ると、独りよがり・頑固さ・自己主張が強くなり、思考が固く適応力を欠き、視野も狭くなります。


老化を防ぐには、どうしたら良いでしょうか?

老人に必要な栄養素は、縮まぬための生産的活動です。
どんなものがあるでしょうか?

ものを創る・文書を書く・芸術活動を楽しむ・友人と付き合う・自然と触れ合う・興味関心を持ったことを学ぶ・孤独を避ける・・・など、探せばいっぱいあります。


老花 という花を、ぜひ咲かせたいと思います。



2020東京五輪

急に秋めいてきました。爽快な秋空の下、運動会シーズンです。でも秋雨前線が停滞して、長雨模様ですが・・・


最近は、学校行事が秋に偏るというので、春に運動会を催す学校が多くなりました。私の現役時代は、秋の運動会が定番でした。10月には「体育の日」もあるし、天高く馬肥ゆる秋・スポーツの秋でしたから。

それに小学校では、春の運動会だとまだ1年生が参加するには、 体力的にも無理があるという考えもありました。


運動会当日、私はオリンピックの話をするのが定例でした。 オリンピックはもちろんスポーツの祭典ですが、同時に文化の(特に芸術の)祭典であることを、子供たちに話しました。

どうしてオリンピックはスポーツだけでなく、文化を大切にするのでしょうか?


オリンピックは古代ギリシャに始まったのですが、ギリシャ人は体の鍛錬を重視すると共に、学問や芸術を大切にしました。

ギリシャ人は強健な体と共に、美しい心と優れた知恵を備えた者こそ人間らしい人間だと憧れたのです。


近代オリンピックを提唱したクーベルタン(1863〜1937年・フランスの教育者・国際オリンピック競技の創設者)は、オリンピックのあるべき姿として、それを現在の五輪憲章に引き継ぎました。


私が子供たちに話したことをまとめれば、「スポーツマンシップを身に付けなさい!」ということです。

オリンピック憲章では、「オリンピズムの根本原則」が5項目提示されています。その第1の項目を紹介します。

オリンピズムは、肉体と意志と精神のすべての資質を高め、バランスよく結合させる生き方の哲学である。
オリンピズムは、スポーツを文化・教育と融合させ、生き方の創造を探求するものである。その生き方は、努力する喜び、良い規範であることの教育的価値、社会的な責任、さらに普遍的で根本的な倫理規範の尊重を基盤とする。



2020東京五輪まで、2年を切りました。金メダルの数も大事ですが、スポーツと共に文化や芸術を大切にする日本民族の美しい心と優れた知恵を、オリンピックで訪れる多くの外国人に披露したいものです。



北海道地震

6日未明に、北海道胆振地方を震源とする震度7の地震が発生しました。道内各地が強い揺れに襲われ、各地に大きな被害を及ぼしました。

特に厚真町では山崩れが発生して、多くの死者・心肺停止者・行方不明者が出ました。NHK午後6時のニュースでは、死者12人・心肺停止者5人・行方不明者22人とのことです。

厚真町周辺は、台風21号の影響で、前日に12ミリの降雨がありました。
その雨が、この地域の山に多く含まれる火山灰中の軽石に、水をたっぷり含ませました。

水を吸収した軽石の層は、その上の地層を流すように崩し落としました。厚真町地域の土砂崩れの原因です。

「点滴石を穿つ」ではありませんが、今まで想像もしなかった原因で、大きな災害が引き起こされたのです。

地震のため、北海道全域が停電しました。私たちの生活は、電気無しでは考えられません。

鉄道や航空機などの輸送機関が止まる・ATMが使えない・冷蔵庫の中の物が腐る・病院では治療が出来なくなる・商店が閉店・食料品や水などの生活必需品が買えない・・・ と、まさに生活が大混乱です。

今回の地震で、人口200万人を擁する札幌市では、液状化現象が発生しました。道路は大きく陥没し、亀裂が走っています。多くの家屋が、傾いたり破損したりしています。停電はもちろん、断水もしています。

被災した人は、「復旧には時間も費用もかかるし大変」・「もうこの家には住めない」などと、答えていました。


今回の地震被害から、本当に復興出来るのだろうか?

私たちに、何が出来るのだろうか?

そんなことを逡巡しているよりも、復興を信じて、お手伝いできることを考えるべきだと気づかされます。取りあえず、募金活動にでも協力します。