幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

終戦記念日

72年前のきょう、私は母の実家で(福島県)数人の大人に混じって、終戦を告げる天皇の録音放送を聞きました。

大人たちは神妙に聞いていましたが、子供の私には中身がよくよく分からなかったのを覚えています。そばにいた叔父が、「戦争が終わったよ」と教えてくれました。

戦争に負けたらしいということは、 大人たちの雰囲気から察しました。  でも、信じられませんでした。

昨日まで 「神国日本は、 鬼畜米英に負け無い!」 と、 繰り返し教え叩き込まれて来ましたから、日本が負けるとは思っていませんでした。

例え負けそうになっても、必ず神風が吹いて勝利すると、元寇の役を例に思い込まされていました。北朝鮮の人たちを笑っていられない教育が、わが国でも行われていたからです。


憲法改憲の声が聞こえてきますが、戦争放棄を謳った現憲法のお陰で、わが国はまがりなりにもこの72年間、平和を守って来ることが出来きました。

72年も経過すると、戦争の惨禍を知る人たちが少なくなりました。でも、戦争の傷跡は、まだ日本中のあちこちに残っています。


北朝鮮と米国の雲行きが怪しくなってきました。(日本も無関係ではありません)  でも、 二度と戦争を引き起こしてはなりません。  終戦記念日のきょうは、声を大にしてそれを訴える日です。


広島へ行くと、本通り商店街(広島最大の繁華街)近くの「袋町小学校平和資料館」によく寄ります。原爆の爆心地から460メートルほどの距離です。

現在袋町小学校は立派に再建されていますが、 その一角に被災校舎の一部が、平和資料館として保存されています。賑やかな商店街の中に、ひっそりと佇んでいます。

原爆投下時、在校していた160人ほどの職員・児童の命を、瞬時にして奪いました。拝観する度に、不戦の誓いを強くして帰ります。

 IMG_3614_convert_20170815144716.jpg
  原爆で黒く焼け焦げた壁に、家族や児童の安否を尋ねる言葉がチョークで
  書かれている。(原爆投下後に伝言板代わりに使われた)


 IMG_3615_convert_20170815144925.jpg
  被曝した扉

 IMG_3621_convert_20170815145049.jpg
  チャイム役の太鼓



長崎原爆忌

長崎平和祈念式典
きょうも日本全国暑い一日になりました。 台風5号の置き土産のようです。
この暑さの中で、長崎の平和祈念式典が執り行われました。
長崎に原爆が投下されてから72年になります。

原爆によって奪われた多くの命は、祈念式典を開いたからと言ってあがなえるものではありません。広島も同じです。

犠牲者を悼むためには、何よりも核兵器廃絶を急ぐことです。祈念式典は、核兵器禁止条約に参加しなかった日本政府に対しても、条約への参加を呼びかけるよい機会です。

田上長崎市長は、平和宣言の中で「核兵器によって国を守ろうとする政策を見直してください。」と、訴えました。

安倍首相は挨拶の中で、「核兵器の無い世界を実現するために、核保有国と非核保有国双方に働きかけを行うことを通じて、国際社会を主導していく決意だ。」と言いました。

主導するならアメリカに遠慮しないで、もっと積極的に核兵器禁止を声に出して欲しいと思います。


夏祭り
弟が津軽の夏祭りを見てきて、写真を送ってくれました。
暑さ凌ぎになるでしょうか?

DSCF6925_convert_20170809125329.jpg
DSCF6937_convert_20170809124802.jpg
 弘前のねぶた

DSCF6980_convert_20170809124907.jpg
 五所川原駅ホーム案内板

DSCF6998_convert_20170809125420.jpg
 岩木山(車窓から)



新内閣に期待する

昨3日、第3次安倍再々改造内閣がスタートしました。

加計学園獣医学部新設問題・稲田前防衛相の南スーダン国連平和維持活動(PKD)を巡る日報問題・金田前法相の「共謀罪」法案問題・・・ など、前安倍内閣では色々な問題が起きました。

政権にとって都合の悪いことは、 国民に対して調査や説明が尽くされず、隠蔽体質があると見做され内閣支持率が急落しました。

今回の内閣改造はそれを挽回しようとする試みですが、 果たして国民はどう評価するのでしょうか?

今度こそ、閣僚の人選に見誤りはないのでしょうか?  このブログでも諸葛孔明の人物鑑定法を紹介しましたが、適格者を選ぶことが出来たのでしょうか?

いずれにしても私たち国民は、大臣としての資質・能力を備え、誠実で実行力のある人物であることを期待しています。


現役時代、子供たちを引率して国会見学に行きました。 国会議事堂を見学した後に、隣接する憲政記念館を訪れるのが常でした。

記念館の入り口に、「憲政の父」と言われた尾崎行雄の銅像があります。 衆議院議員25回当選・議員生活63年、「議会政治の父」とも言われました。

そこで私は、いつも彼の銅像の由来や功績について子供たちに話しました。

太平洋戦争中、時の東条内閣は、 軍人有利の選挙を進めるために、 軍人の国会議員候補者には軍事費から選挙費用を支出しようとしました。尾崎行雄はこの暴挙を阻止するために、敢然として立ち上がりました。公開状を突きつけ、議会政治を守るため、一歩も退かなかったと言われます。 85歳の時でした。 彼は若い頃から戦争に反対し、軍縮論者でもありました。


このところ、国会議員のスキャンダルをよく耳にしてきました。 彼らは、憲政記念館を見学したことがあるのでしょうか?    国会議員たるもの、一度はここを訪れて尾崎行雄の政治姿勢を学んで欲しいと思います。もちろん、大臣たちにも・・・



人物鑑定法

最近大臣や国会議員の問題行動や不祥事が続発しました。 そのせいでしょうか?  安倍内閣の支持率が急落しています。

都議選以降、責任者の辞任劇も続いています。今回は防衛省の大臣・次官・幕僚長、それに民進党の代表や幹事長まで、まるでドミノ倒しのようです。

首相は閣僚の辞任について、 「責任は任命権者の自分にある」と言います。 とは言うものの、「だから責任をこのように取る」と、具体的な責任の取り方を示したわけではありません。言いっ放しでしょうか?

8月3日には、内閣改造があると言われます。とにかく急いで大臣を入れ替えて、責任を取ったということにするのでしょうか?


大臣と言えば、国家の存亡に関わる仕事を任されるのです。首相が見誤って人を選べば、国家の滅亡は現実となるのです。
欠格者を選んだから、今回のような辞任騒ぎが起きているのでは?


諸葛孔明(181〜234年・三国時代の蜀漢の軍師、皇帝劉備に三顧の礼を持って迎えられた。)が唱えた、人物鑑定法があります。次のような七項目です。

① 事の善悪について判断させ、志がどこにあるかを見定める。
② やりこめてみて、相手の態度の変化を観察する。
③ 計略について意見を言わせ、知識がどの程度かを見る。
④ 困難な事態に直面させ、勇気があるかどうか観察する。
⑤ 酒に酔わせて本性を見抜く。(酒色に溺れることがないか?)
⑥ 利益(地位や財貨)を欲しがらないか、清廉度を見極める。
⑦ 仕事を任せて、信頼できるかどうかを判断する。

さらに諸葛孔明は、「五害」と称し組織を壊す人物についても述べています。

① 徒党を組み、能力のある者を誹謗する人。
② 衣装に凝り、華美な格好を好む人。
③ 妖術や神がかり的なことが出来ると、吹聴する人。
④ 規律を破り、民衆を扇動する人。
⑤ 損得にこだわり、敵と内通する人。


諸葛孔明の教えは、 3日の内閣改造時、 首相にぜひ熟慮して欲しいことです。首相だけではありません。私たち自身も、選挙の折には深く考えなければならないことです。


うそも方便

「うそをついたことがない人は手を上げて」と言われて手を上げたら、 その人はうそつきだという笑い話があります。

人は、よくうそをつきます。うそは武器がいらないし、 簡単に身を守ることが出来るからです。幼児でも使えます。

でも「うそつきは泥棒の始まり」と言われ、うそは悪いことと教えられます。親も先生も子供のうそには敏感で、うそつくと厳しく叱ります。

子供の方もうそをつくと、態度が変わります。どことなく親や先生を避けるようになります。話を聞いてもあいまいな受け答えしか返ってきません。何となくソワソワしていて、落ち着きがありません。

人は身を守るためにうそをつきます。子供のうちは、叱られないためにうそをつくのです。親や先生の一喝が怖ければ、うそと知りながらもうそをつくようになります。

うそを重ねているうちに、うそのつきかたも上手になってきます。親も先生も、うそが見分けられなくなってきます。

成人すると、うそも色々と内容や形を変えてきます。落語の種になるような害のないうそもありますが、人を騙したり悪事に関わったりするようなうそもあります。

うそも方便、子供時代のうそは叱る必要のないものが殆どです。特に幼児期は、想像と現実の区別がつかないままにうそをついているからです。

だから大人は、子供が成人するまではうそをつかないで済むような生活環境づくりを心がけましょう。


ところで昨・一昨日と、衆参両院予算委員会の閉会中審査で、「加計学園」問題が議論されました。安倍首相を始め関係閣僚や参考人が、野党の質問に答えていました。でも端々に、おとなのうそが見え隠れしていました。

加計学園の獣医学部新設を首相が知った時期・「始めから加計学園ありき」だったのでは? と思わせるような関係閣僚の答弁・参考人同士の証言の食い違い・今治市と内閣府職員との接触・・・ など。 一国民としても、真相はどうだったのか?  
疑問を抱きました。

こればかりは「うそも方便」と、許すわけには参りません。