幼児教育を語るひろば

幼児教育を語るひろば

清明

IMG_3833_convert_20170410122512.jpg
サクラ  今年は、寒の戻りがあったので花持ちが良い。
          ( 2017, 4. 7 写す・ 千川上水沿いの ソメイヨシノ )


今頃の時期を「清明」と言います。万物が、清く明るく生き生きと感じる季節です。そして、「4月の風は光る」とも言われます。見るもの全て清々しく、希望に満ち溢れています。

実は 私の祖父の名が(父方の) 清明 です。

新年度もこの時期にスタートします。自然に恵まれた日本は、緑一色に覆われます。小川の小魚や水生昆虫たちも、元気に活動し始めます。

千川上水沿いの陽だまりで、小さな白い花をつけたナズナや、黄色い花のハハコグサを見つけました。袴をつけたツクシンボウの穂先を、春風が通り過ぎて行きます。冬ごもりをしていた虫たちも、目を覚ましたようです。

学校 (幼稚園・保育園も) も、新学年度の幕開けです。子どもたちも冬の寒さから解放されて、歓声をあげて外へ飛び出します。

欧米は9月が新学年度という国が多いようですが、そこが農耕民族と狩猟民族の違いでしょう。最近9月新学年度説を主張する人がいますが、日本の気候風土に逆らってまで変える必要はないと、私は思います。

関西では、男女共に13歳になると、4月13日には虚空菩薩にお参りして、知恵が授かるようにと祈る「知恵参り」という風習があります。( 「十三参り」 とも言われる。京都嵯峨の 「虚空蔵十三参り」 は有名。) 
やはり学問の始めは「清明」の季節です。


ところで幼稚園・保育園の新入園児たちも、無事入園式を済ませた頃だと思いますが・・・   元気で通園しているでしょうか?

幼児期は、優しい心を育てる大切な時期です。心の発達過程から考えても、人間性の基礎を培う適齢期です。

幼児は、アニミズム的な考え (全てのものには、魂や感情があると考える。) を持っています。ですから草花がしおれると、 「のどが渇いたのね。かわいそうに。」 と、話しかけます。

茎が折れたりすると、自分が骨折したように痛みを感じたりします。また生物ばかりでなく、椅子や机を叩くと、椅子や机が痛がると真剣に思います。

このアミニズム的な考え方は、未発達段階における大事な思考形態なのです。
人はこの頃に、他を思いやり、他の痛みを感じ取るという大切な心情が育つ
のです。

この時期に大人が子どものアニミズム的な考え方を否定したり訂正したりすると、子どもは情緒の発達が乱されて、弱いものをいじめたり、物を粗末に扱ったり、攻撃的な心情が強まったりするのです。

幼児期の優しい心は、物事を深く考え、工夫する力を生み出します。それはやがて、人として正しいことを最後までやり遂げる強い精神力へと成長して行くのです。


調べる

園児たちに、こんな話をしたことがあります。

地震がいつ起きるか?    火山がいつ噴火するか?    自然の変化に気づいたか?   

それらを調べるためには、複雑な仕組みの機械や、地面の変化を調べる装置が必要です。

複雑な機械や装置を使わないと、地震や火山のことを調べるのは無理なのでしょうか?   

「子どもでも調べられます。」  私は子どもたちに言いました。

私たちは、わからないことを調べるのに、大変役立つものを持っています。それは、私たち自身の体です。

先ず第一に「目」があります。目でものを良く見ると、色々なことに気づきます。ものの「色」・「形」・「大きさ」・「感じ」などです。

そして、「白い」・「黒い」・「赤っぽい」・「尖っている」・「丸い」・「キラキラしてうぃる」などと、事象の様子がわかります。自然の変化に、気づくかも知れません。

次に「手」です。手の色々な部分と比べて、「親指くらいの大きさ」・「人差し指と親指を拡げた長さ」・「手を拡げたくらいの大きさ」・「手を握ったくらいの大きさ」など、大きさや長さがわかります。

また手でものに触れて、「硬い」・「軟らかい」・「ざらざらしている」・「すべすべしている」・「冷たい」・「暖かい」や、手に乗せて「重い」・「軽い」などがわかります。
噴火前の地面は、温度が変わっているかも知れません。

わたしたちの手や目は、ものを調べる大切な用具になります。他には目や手の働きを助けるために、簡単な道具もあります。

「虫眼鏡」は、ものを拡大して細かい部分までよく見ることができます。凸レンズや凹レンズを組み合わせると、望遠鏡や顕微鏡の働きもします。

「物差し」は、ものの長さを正確に測り、長さを比較する時にも役立ちます。「秤」はものの重さを調べるのに、「枡」は量を測るのに便利です。「ナイフ」や「ピンセット」も、手の働きを助けます。

高価な機械や装置がなくても、自分たちの体の働きや簡単な道具を使って、身の回りのことを調べることができます。それが、ものを調べる時の基本の姿勢なのです。   ・・・と



社会性が育つ時

幼児期は、空想の世界から1歩踏み出す時期です。色々な能力が芽生えてきます。知識も増えてきます。事象の因果関係にも関心を持つようになります。

3歳くらいまでは、まだ夢を見ている時代です。様々なことを想像したり空想したりして、自分の夢を膨らませています。想像力・空想力を育てている時期です。おとぎ話の世界で生活している時代、と言ってもよいでしょう。

4歳過ぎると、「なぜ?」・「どうして?」という質問が多くなります。客観的・科学的に説明しないと、納得しない年齢になってきたのです。子供たちの思考が、論理的になってきた証です。

今まで素直に言うことを聞いていた子が、少し反抗的になり、理屈っぽくなってくるのもこの頃です。幼稚園の年長児は、ちょうどこんな時期に当たります。
夢から論理的な働きが、できるようになってきたのです。


いま 昔の「教育勅語」を暗唱させたり、「安保法制国会通過」や「安倍首相 云々」を呼称させたりしている森友学園 の幼稚園教育が話題になっています。

幼稚園児は知識を受け入れる能力が優れているので、まるで砂地に水を撒いたように、教えられたことをどんどん吸収します。子どもたちの知識欲は、大人が考える以上に貪欲です。あらゆるものに興味関心を抱いて、それを我が物にしようとしています。

そんな子供たちに、偏った思想や倫理観を植え付けてしまったら、望ましい社会性は育ちません。環境の中で子どもは育つのです。森友学園の教育で一番心配されるのは、子どもの社会性や創造性を妨げる教育環境になっていることです。

「学校教育法第22条」は、幼稚園の教育目的を次のように示しています。

健やかな成長のために、適当な環境を与えて、その心身の発達を助長することを目的とする。

さらに「幼稚園教育要領」総則の第1に、「幼稚園教育の基本」が、次のように示されています。

教師は幼児との信頼関係を築き、幼児と共によりよい教育環境を創造するように努める。

森友学園の関係者たちには、学校(園)の適当な環境・よりよい環境とは何か? 
それも、豊かな人間性・人格を育てる場としての教育環境はどうあるべきか?  
ぜひ考え直して欲しいと思います。


私が勤務した S 幼稚園では、卒園文集を作っています。そこに、親子の幼稚園時代の「思い出」が記されています。その中で、園長だった私について書かれたものに、共通しているのがいくつかあるので紹介します。

修了児 → ⚪︎ 毎朝門のところで待っていてくれて、ありがとう!
               ⚪︎ いつも遊んでくれてありがとう!
               ⚪︎ レスリングごっこ、すごく楽しかった。負けて悔しかったけど。       
 親  → ⚪︎ 毎日門の所で登園・降園を見守って声をかけて頂き、親子共々安心して
                楽しく通園できました。
            ⚪︎ 園長先生や職員の方々に暖かく接して頂き、ありがとうございました
            ⚪︎ 子供の個性を尊重してその特性を伸ばして頂き、感謝しています。


担任をはじめ園職員との触れ合いの中でも、共感し合える関係に感謝する言葉が多くありました。

S 幼稚園の自慢になりましたが、社会性(人と関わる力)は、豊かな人間関係によって育まれます。「教育勅語」の暗唱からは、育ちません。園児の社会性は、園の教育環境(雰囲気)の中で形成されて行くのです。



子供とは?

トランプ政権発足
新政権は、米国第一主義を掲げ、雇用創出・不法移民排斥・保護主義的貿易政策・・・ などを強調しています。トランプ氏は、教育に関してはどんな考えを持っているのでしょうか?

就任演説を見ると・・・  (朝日新聞・就任演説全文から)

「米国民は、子どもたちのために素晴らしい学校を求めている。 (中略) 教育制度には潤沢な資金があるのに、若く光輝く生徒は、あらゆる知識を得られないでいる。」   だから改革すると言うのでしょうが、まだ具体策には触れていません。

就任直前の支持率が、40% と言われます。それでも大統領になったのですから、これもメディアの誤算でしょうか?

トランプ氏が、アメリカ社会を分断したと言われています。世界中を巻き込んで、他国まで分断することが無いように希望します。


子供とは?
このブログでも度々話題にしてきましたが、まとめてみました。

ここで取り上げるのは、幼児期から小学校低学年(3〜8歳)くらいの子供たちです。まだまだ、想像や空想の世界に生きている時代です。

* 大人とは異質の文化圏で生きる
 子供の言動や思考を、大人の文化的価値で判断してはなりません。
 この頃が、むしろ子供の特性(天賦の才)を見い出すチャンスです。

* 天賦の才
 どんな子供にも、他の子が真似できない光があります。親や教師がその光を
 無視すると、光はだんだん消えて行きます。

* 大人の言うようにはならないが、するようにはすぐなる
 大人の言動・服装・態度・・・ を、子供たちはすぐに真似します。

* 子供が好きな先生
 体育が好き(外遊びも)・ひいきしない・やさしい・ユーモアがある。
 物知り(教え方上手)・話を聞いてくれる(相談にも乗ってくれる)
 ・かっこいい(さわやかなおしゃれ)

* 子供はウソをついても平気
 特に幼児期は、夢を見てる時代です。空想と現実が一緒です。
 空想力・想像力を豊かにすることは、創造力に発展します。

* 気に入ったことは繰り返す
 遊び(ゲームも)・読書(読み聞かせも) など、気に入ったら飽きません。
 面倒がらずに相手になりましょう。

* 飽きっぽい
 与え過ぎ・豊か過ぎ が、原因の場合があります。他に興味・関心が移って
 しまうのです。子供は、新しいこと・珍しいことに気を奪われます。

* おもちゃを壊す 
 「おもちゃで遊ぶだけではつまらない、仕組み(中身)を知りたい。」 それが
 子供の気持ちです。「壊して分かった!」 というのが、学習活動の基本です。

* 友だちとのおしゃべり
 子供の会話は、言葉遣いも間違っているし、話し方も乱暴です。 でも友だち
 関係を深めるために大事な活動です。そこから、人間性や社会性が育ちます。

* ひとりで出来る
 自分は有能だと思っています。やれば何でも出来る自信があります。「失敗す
 るから ・ ハメを外すから。」 と、止める必要はありません。 止めると、親や
 先生の言うことしか出来なくなってしまいます。


この年代の子供の特性は、まだまだあります。それには子供と一緒になって遊ぶと、自然に分かってきます。



烏兎匆々 (師走雑感)

古人は、歳月が慌ただしく過ぎる様子を「烏兎匆々」と言いました。カラスは太陽に棲み、ウサギは月に棲んでいると言われます。太陽と月は歳月を表しますから、こう言う熟語が生まれたようです。 今年も残り少なくなりました。 
つくづくそんな思いに駆られています。

ところで、12月の異名はいっぱいあります。

師走・暮冬・季冬・限月・餘月・氷月・春待月・三冬月・年積月・弟月・・・

読み方が分からないものもありますが、どれも12月らしい呼び名です。

「西高東低」  冬の天気予報でよく聞く言葉です。大陸からの北西季節風が吹き
抜ける日は、太平洋側は晴れ、日本海側は雪と、相場が決まっています。

冬の寒さも、体の鍛錬には良さそうです。温暖な気候だけだったら、怠けて体が鈍ってしまうような気がします。だから四季のある日本で生活できるのは、幸せなことです。

寒い冬の日、1日の終わりに温かい湯舟でくつろぐのは極楽です。それに湯上りのビールでもあれば、言うことありません。

ところで、 お風呂をなぜ 「湯舟」 と言うのでしょうか?   
さっそく調べてみました。

江戸時代、舟の内部に浴槽を設けて、料金を取って入浴させたのが湯舟の始まりだそうです。当時は一般家庭に内風呂が無かったので、大変な人気でした。銭湯が普及したのは、江戸時代後期ですから。当時は、井戸水をたらいに汲んで体を洗う程度でした。

江戸の市街には、あちこち水路が張り巡らされて、水運が盛んでした。ついでに風呂桶を乗せて稼いだのが「湯舟」ですから、なかなかの知恵者です。

雁風呂 (冬のお風呂の話題をもう1つ)
冬鳥の雁が、数千キロの旅を経て北国から日本にやってきます。雁たちは、途中海の上で一休みするために、小枝を咥えて飛ぶと言われます。小枝を海上に浮かべて、そこで休憩するのです。

日本に着くと、雁は用済みの小枝を海岸に捨てます。それを人間が拾い集めて
風呂の燃料にするので、「雁風呂」と言うのです。でもこれは、冬の到来を告げる作り話のようです。

夏は真上から照らしていた太陽も、今頃は斜めから射し込んできます。正午でも、夏の頃の夕陽と同じ角度だそうです。

夏は太陽の光もギラギラと輝く白光色でしたが、冬はオレンジのような赤黄色です。影の長さも長くなりました。でも冬至が過ぎれば日脚も少しずつですが伸びて、影もちじまってきます。

「北越雪譜 (鈴木牧之著・江戸後期の越後魚沼付近の冬の厳しい生活の様子を
紹介) 」の 「雪蟄(ゆきごもり)」に、こんな記述があります。

およそ九月末より雪降り始めて、雪中に春を迎え、正二の月は雪なお深し。三四の月に至りて次第に解け、五月に至りて雪全く消えて夏道となる。
年の寒暖により遅速あり、四五月になれば春の花ども一時に開く。されば雪中にあることおよそ八ヶ月、一年の間雪を看ざることわずかに四ヶ月なれども、全く雪中にこもるは半年なり。
(以下略)

「寒い! 寒い!」 と嘆いていても、東京は北国と比べれば温暖な気候です。雪国で生活する人たちのことを思えば、寒さに負けてはいられません。